☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
あなたの会いたい人について2
のごろは、僕も少しは自信を持てるようになってきた。
というのは、僕はこれまで、人が僕に向ける態度を、そのまま純粋に受け取っていたからだ/僕はこれまで、相手方に、<<態度が混乱する>>という可能性や要件を見つけられなかった、想定もできなかった、そりゃそんな厚かましい発想を僕の側からする理由はないわな。
僕はワークショップで教えているとおりの、身体感覚およびその他の特殊な感覚を持っているのだから、その感覚をアテにしてもよさそうなものだが、僕はいかがしい奴になりたくないので、基本的に相手の態度を表面上、そのままに受け取るのだ、だから拒絶的な態度が示されると、そのまま「うーむおれのことがキライなのだな」としか受け取らない、そりゃふつう人間はそう受け取るべきだろうよ。
だがここまできて、何百もヒアリングしてきた情報と照らし合わせると、どうも本当に表面上の態度と「身に起こっていること」がちぐはぐで、正反対の場合さえあるということを、認めざるをえないようだ、じゃあ「別におれは嫌われていたわけじゃなかったんだ」と、少しは僕も自信を持つことができるようになった次第なのであった。

だから、つまり、極論すると、僕のことを「大好き」「愛しています」と言ってくれりゃ、それですべてがすんなり行く、言っていることと起こっていることが整合するので、「そりゃどうも」と大団円で済む、それ以外のことは特にない。
「大好き」とか「愛しています」とかが、すんなり言えないのは、「大好き」とか「愛しています」とかが、自分の<<願望>>に関係があると思っているからだ、つまり何かを獲得しようとしてそれを言おうとするからややこしくなる/何の願望もない小さな女の子は「わあー」と駆け寄ってきたから、本来それだけでいいのだ。
察するに、おそらく、「大好き」「愛しています」で、「わあー」と駆け寄ったりしたら、何かその先に、とんでもないことになると思っているのだろうな、なんねーよそんなことには/女の子が「わあー」と駆け寄ってきて僕に抱きついたところで、何も起こりません、たぶん本当に何も起こらないからそのときはびっくりするだろうな、女の子の側がそれなりに何かになったとしても、おれの側がどうこうなったりはしねーよ、そして愛を確かめたところで何かになってしまうのは、とてもダサイことだ、愛を別の何かに加工してしまうことほど痛々しいことはない。
なんとなくね、よい兆しが来ているよ、単におれが行くところまで行ってしまったということかもしれないが、何かここにきて急に多くの人は、愛に素直になろうとしている、旧来の価値観や常識を、疑って捨てようとしているんだな、愛があるとかないとかはシンプルなもんだよ、それ以外に特にはなくて、世界はただ正当に豊かだったと、それ以外に得られる知見は何もない。

拾ってきた野良猫がフーフー唸っているみたいだ。

そんなに唸られても……拾ってきた猫をどうする、あたたかいところに住まわせて、身体に良いごはんをあげるしかないじゃないか、「フーッ!」って、そりゃわかるが、もういいかげん「違う」って、うすうす感じているんじゃないか、猫と同じころには機嫌を直してくれるとうれしいな、猫がにゃーんと懐いてくることには何のいかがわしさもない、「そりゃ猫なんだからそういうものだろ」としか誰も思わない。
この先、もっとあるなあ、思ってもみないほど大きな展開が、つまりおれから本当のことをやたらに話すということが、もっと大規模にあるみたいだよ、なんと夢のあることだろうか、ここまで幸福な未来がもたらされるとは僕自身想像もしていなかった、みんながおれに加勢してくれるというのはそういうことだもんな。
仲良くなろうぜ | comments(0) |
あなたの会いたい人について

のごろになってようやく、僕も少し自信が持てるようになってきた。
人はそれぞれに、常識に基づいて判断し、自分の考え、自分の価値観、自分の慣習に基づいて行動している。
そして、最も陳腐な話かもしれないが、事実だからしょうがない、<<自分の身に起こっていることと、判断とが適合していない>>というケースがあるのだ、それは極端に愛や光のあるもの、あるいは逆に、極端に魔や闇のあるものと出会った場合だ。
女性の場合、特にその「身に起こること」が、反応として大きく生じるようだ、ありていにいえば、「大好きなものが目の前に現われたとき、それがただちに大好きと判断できないし、大好きという行動もできない」ということが、実際にあるようだ、とても陳腐な話だが事実そのようなのでしょうがない。

ふつう、「愛」なんてクサいものを、人は日常の中に想定していないし、実際に「愛」がどう作用するのかということも、知識として正しく知ってはいない。
が、特に女性などは、自分に「愛」が向けられると、その作用だけは大きく起こるみたいだ、そこから当人の判断や行動はとてもちぐはぐになるのだが、しょうがない、そういう現象があるということをまったく想定せずに生きてきたのだから、応じるべき判断や行動の準備がないのだ。
いくらでもそういうことはある、僕などは、女性に猛烈に拒絶されて、なぜか猛烈に拒絶した彼女本人が「すっごく悲しくなった」といい、もう一度会いにいくと、「もう一度あえてすごくうれしい、何これ、すごくうれしい」と言い出したりする/「身に起こっていること」と判断・行動がちぐはぐなのだ、ちぐはぐという範囲を超えてシッチャカメッチャカと言っても過言ではない。
勉強が必要です/先日、このご時世にはめずらしく、やさしいお母さんがいて、小さな女の子が幸せそうに歩いていた、小さな女の子は僕を視界に認めると、「わあー」と言いながら駆け寄ってきた、なんやなんや笑と笑って受け止めるが、これが本来まともな「人間」の姿であって、コミュ力などと言っているのはもちろん土台がぶっ壊れての話でしかないのだ。

あなたの会いたい人と、あなたの会いたい人は異なる。

文脈として意味不明だが、本当にそれぐらい破綻的に言わないと、事実にそぐわないぐらい破綻しているのだ、仮にAさんに愛があって、Bさんが価値観に適合していたとすると、意識的には自分は「Bさんに会いたい」と認識するものだが、身に起こることは違う、自分の中枢は理由なしにAさんと会いたがっているものだ、そして理由のない話を聞いて、自分の知らない話を聞きたがっている、人はもともとそういうふうに作られている。
本当に、愛において会いたい人に会ったとき、ふっとふだんの空間から切り離されるはずだ、よくわからない世界に吸い込まれてしまう感じになる、だがもちろんそちらが本当の「世界」であって、ふだん暮らしている時間と空間のほうが作り物なのだ、このふだんの作り物に対してしか知識・価値観・考え方がない場合、本当の愛あるものに接触したとき、極めてちぐはぐな判断と行動が出てしまう、これをどうしたらいいといって、自分が勉強不足だと知るしかない。

仲良くなろうぜ | comments(0) |
ずっとあった日の断片

ッと花の咲いたような……
女はやさしさがいいね。
どうかそっぽを向いたりしないで、それはあなたを疲れさせる。
どうかどこまでも、この初秋の涼風が吹き抜けていますように、あなたにこの世界を教え続けますように。

何らの情念も揺り起こさない、すべてのよろこびをあなたが得ますように。
わたしが好きなあなた以上に、よりうつくしい本来のあなたが生まれ出ますように。
空は果てしなく高く、東西南北はいずれも吉相、世界に一人立って、その髪に秋の光が輪になっている。
遠い昔のことでありながら、それは今も永遠に繰り返されている、無限の日々、ずっとあった日の断片。

チチ、チチ、流れている、囚われないでいつか聴いて。

秋は不思議に紅葉の色に、西日は不思議に古代黄金の逆光となって、春にはまたパステルの桃桜に若葉の黄緑、夏にはまたスカイとseaとオーシャンのブルー、入道雲そびえたち/毎夕ごとに秋がくるのか、冬はひたすら磨かれた夜空ばかりを。
あのときはいつ、あのときはいつ、すでにわたしは視覚も聴覚もつぶれ/元からずっとあったものを聴いている、「これはいったい何」とは分かちがたく、分かちがたさより取り込まれて断片の永遠に吸い込まれつづける。

仲良くなろうぜ | comments(0) |
低級者として
分が冷たい奴なのかまともな奴なのかよくわからん。
冷たい奴になりたくないのであれこれ必死こいているところがあるが、これが「必死」なのかどうかもよくわからん。
実はひどいインチキ野郎で、誰より冷たい奴なんじゃないか、という疑いがずっとある。
だからやるしかないのだが、つまり毎日、昨日の何倍も力がでないと何もできないと思っている。

能力や実力がまるでスカスカで足りていないんじゃないのか、と思う。
だが自分の実力を判定する基準なんかどこにもないので、やるしかない、自己評価なんてしてるヒマはない。
自分を「天才だ」と言い張ることは最もヒサンなことだと思う。
だからその最もヒサンなことをしようと決めている、僕は天才だ。

あなたの微笑みを剥ぎ取って、動かしたい。

それは今このときでなくてもいいのだけれど、いつかはそうなる、微笑んで佇んで……というようなことは、少なくとも僕のような低級者がやることじゃない、もっと上等な奴に似合うものだ。
僕を助けてくれるのはわかる、非難してくれるのもよくわかる、でも微笑むのだけはやめろ、やめろと僕が言っているのじゃなくあなたの内奥が言っている。
仲良くなろうぜ | comments(0) |
女にモテるという自然現象
に僕が女にモテるわけではないが、いいかげんわかったことがある。
男性が女性にモテるというのは自然現象だ。
もちろん厳密に言うと技術があるのだが、その技術こそ天地自然に従おうとするものであって(大げさか)、それはもう一般的に思われているような「技術」ではまるでない。
だから男性が女性にモテるのは、事実上の「自然現象」だ、おしゃれとかリア充とかお金とか、テンションとか雰囲気イケメンは関係ない、本当に驚くぐらい関係なくそれは単なる自然現象だ。

逆に言うと、人為的に「モテる」を作りだすのは女性に対して残酷な行為になる。
人為的に「モテる」を作りだすことは可能だし、その「モテる」に一応女の子は引っかかってしまうからだ。
人為的な「モテる」に引っかかった女の子は、モテる男性に近づきながら、非常に疲れてしまうことになる、そんなことまでして「モテる」をするほど「モテる」ということに価値はない。
男性が女性にモテるのは、自然現象だ、別に男女に限らず、こころの扉は何の前触れもなくいつの間にか開かれている。

アプローチなんかしなくても、男と女はもともと近い。

男と女は、あるいは人と人は、もともとこんなに近かったのか、というのが現在の認識だ、あのときから十年が経って今ここに来た。
不思議だな本当に、いつの間に「いいよ」になってくれたのか、まるでわからない、わからないのに、そのときはもう届いている手ごたえがある、だからこれはおれの行為じゃない、自然の現象だ。
仲良くなろうぜ | comments(0) |
いちご狩りにて
にだってこころがある。
忘れられがちだが、僕にだってこころがあるのだ。
僕のこころは、おそらく、まったくしょうもないことを好いている。
僕のこころの動きやはたらきが、好きでない、何とも思えないという人は、たぶん僕のことがそもそも好きではないので、僕から得るものは何もないだろう、それはもともと自明のことだ。

これまで、多くの人から相談を受けることがあった。
その中で、まず目の前にいる僕について、僕のことが好きでない人も、もちろんたくさんいた。
そして、僕のことが好きでない人には、僕から話しうることは何もなかった、僕は診断を下す医者ではないのだから。
どんなことを話してもよいが、どうせ聞き取られやしない、好きでない何かの話を重視するような人間の機構はないのだから、僕はただ「好きなもののところへ行きな」としか言えずにきた。

僕は……いや何でもない。

忘れられがちだが、僕にだってこころがある、無いように感じられるかもしれないが、無いならこんな語り掛けをしつこくしない。
僕がいちご狩りに行くとき、僕はいちご狩りがとても好きだろう、バカみたいにだ、いちご狩りが好きでないのに、いちご狩りに参加する人のことを、僕はさっぱりわからない。
仲良くなろうぜ | comments(0) |
空気を読む必要があり、空気を読むのは絶対にヘンだ
校生だったころ、毎日ゲームセンターに行くのが楽しくてしょうがなかった。
そこで色んな、善くない人たちと友達になっていたし……
Yさんは高学歴の大学生で、Iさんは麻薬のブローカーで、A君はロリコンの空手家だった。
みんなで「ストリートファイター2’」を、延々やっていたな、閉店時間のあとも遊んでいると、しばしばセコムの人が叱りにきた(Yさんは店員)。

楽しいも何も、朝起きたらまずゲームセンターに行き、まずゲーセンについてから考えていた。
何をするにしても、考えるにしても、まずゲーセンの椅子に座らないと、始まらない、という実感だった。
そこにIさんがフラッとやってきて、「ヤッてるやんけ」といってゲームに乱入してくる。
空気を読むなんて、どういうことだ? そのことだってまずゲーセンの椅子に座ってからしか、考えも話しもできなかっただろう。

みんなただの野良犬だった。

何かを「趣味」だとか、「友達」だとか、思ったことがなかった。
野良犬が毎日、ついつい同じところに集まってしまう、まず集まってしまう、野良犬が空気を読むなんて上等なことはしなかった、最近は実物の野良犬も減ってしまった。
仲良くなろうぜ | comments(0) |
仲良くなんかなんねえよ
対面の、人と人が、仲良くなるかというと、ならないよ。
普通、本能的に、他者だから警戒するものだ。
だからこそ挨拶が生まれる、挨拶によって「敵じゃないよ」という建前を前提に慎重に進めていく。
一方、初めから「アットホーム」に来るタイプ、あれは全部ニセモンだ、詐欺師の眷属なのでだまされるな、すごい寂しい人になるぞ。

初対面の他者と仲良くなるということは、あくまで、「きわめて例外」のこととして実際にある。
だから人はそこに、運命とか、奇跡とか、特別な魅力とかを感じてきた。
"本能を超えるほどの直感"が、表面上の態度を超えて、なぜか「この人は大丈夫」とだけ教える。
そんな高次の直感に訴えかけるまで、人間の何かが光ってあった、その時のみその例外は起こるのであり、それを「アットホーム」とかひどい冗談だよ。

アットホームはどう見たってねつ造だ。

人間の力と光が、高次の直感に訴えかけるとか、そんなこと「できやしねえ」から、都合のいい空気感をねつ造している。
脱力感とか、ユートピア感とか、なれなれしく、逆にとんがってる感とか、みじめで寂しいだけだ、それじゃ本当には誰とも出会っていないし認め合ってもいない。
仲良くなろうぜ | comments(0) |
世界の果てまでイッテQ!
日のパーティは大成功だった(一名がはしゃぎすぎて後日昏睡しよった笑)。
パーティに成功とかいう言い方はヘンだが、まあ、宝くじで三億当たった人でもあんなに嬉しそうにはしないだろう。
まーた途中で僕が一人で気を吐き始めたが、こんなもん名物になってはたまらないのでやめよう。
猛反省中だ、いやしかし、何かこう、思い返すとゾッとするほどのものがあったな。

多くの人は、「深い話」とかに憧れるところがあると思うけれども……
でも、ホンマに深いギリギリのところまで深いのは考えモンである。
僕なんかは特殊な訓練を経ているから平気だが、いかんね、若年にはそろそろ危険水域だ。
しばらく、意図的に"抜き"ます、このブログも、数日は珍しいマイルド味でどうぞ。

イモトはすげえよな。

本当にエベレストに登頂してしまうのだろうか。
当然、前番組の鉄腕DASHから観るよな、無人島開拓がたまらないからな。
仲良くなろうぜ | comments(0) |
心通わせて
分は砂粒のようなものだと思う。
間違って膨らんだところを取り除けば。
僕はあなたに気づいてもらいたいのである。
だって砂粒なのだから、あなたが気づいてしゃがみこんでくれないと、僕のことなど気づいてもらえない。

「あ」「ひょっとして」
気づいてくれるときはきっとそんなものだ。
僕はあなたに何かを言いたくないのである。
「やりとり」は、通じていないことの補いにはならないからだ。

意図が伝わるのじゃない、心が通うだけ。

何しろ僕は意図なんか持っていないんだから。
心が通うってことは、あなたが砂粒に気づいてくれるってことだ。
仲良くなろうぜ | comments(0) |
凍結した断片
とりの人間がどれだけの物語を抱えているか。
子供のころの、おとぎ話のような話を、それでもどうしようもなく、抱えている。
処理できなくて、捨てられるわけでもなくて、ずっと何年も抱えてきている。
強がって、上辺だけやりくりするという、胸の痛くなるようなまじめさで、何年も何年も進んできている。

僕はあなたの知る人間の中でもっともひどい人間だ。
そうあれたらまったくよいと思う。
何しろあなたの物語なんか僕は知ったことではないのだ。
ただ、僕の知ったことではないが、人は物語を必死で抱えて生きている、そういうものだと、僕はまったく思っている。

僕の知ったことではないので安心してくれ。

あなたが、泣こうがわめこうが、躊躇しようが、勇気を出して乗り越えて泣こうが、僕の知ったことではない、僕には何もわからない。
僕はあなたのことで感動したり感心したり、一切しない、だから安心してくれ。
仲良くなろうぜ | comments(0) |
一夜、内臓でんぐりがえる
い人に会えたら汗が出るよ。
迫力、迫ってくる力があるもの。
やさしくても、笑っていても、不干渉でも。
わけのわからない、汗が噴き出ている、そのときあなたは間違っていない。

何かを頑張る必要はない。
なぜか汗がダラダラ出る人の前にあれたら。
そこから決して逃げないことだ。
そして、そういう人がいなければ、見つけにゆくことだ。

人に会い、じわじわ、倒れることだってある。

本当にあるよ、そういうことが。
快適な人が、あなたに必要な人ではないんだよ。
仲良くなろうぜ | comments(1) |
ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン
の子はたくさん遊ばないとな。
本当に楽しくなるのには三日ぐらいかかる。
三日間ずっと遊んでいたら、最後の日にいよいよ楽しくなってくる。
コンブみたいに、あなたを遊びの水につけておく必要があるのだ、すぐにいいダシは出てこない。

彼氏もセックスも遊びの一つだから……
遊ぶ楽しさがわからないと恋あいもわからなくなる。
あなたが忙しいことも知っているけれど。
本当にきれいになるのは、努力を積み重ねた、翌週の遊び漬けだよ。

保証する、遊び続けりゃ、気が変わる。

そうして気が変わってからが、本当に楽しいし、彼氏、恋人、セックスうんぬん、そしてあなたが美人になることも始まってくる。
三日間も遊び続けられない、と感じたら、そりゃまだ遊べていないんだよ、遊びになってないから続けられないんだ。
仲良くなろうぜ | comments(0) |
かっこいいあなたへ
なたは人に怒らない。
あなたがステキな人だからじゃない。
単にあなたが人を拒絶しているからだ。
拒絶して遮断してるから怒りをキャンセルできるという、ただそれだけだ。

あなたは誰もいない中空に向けて「むかつく」と言う。
「好き」も「超リスペクト」も中空に言う。
目の前の人と向き合えない、男で言えば"チンカス"だ。
強い弱いでいえばドン底まで弱いので、人に向き合わないように必死だという、笑える。

あなたに目の前から「バーカ」と言いたい。

そのときどうする? あなたは僕に向け怒るしかない。
で、立ち向かうも、怖くて悔しくて泣きそうになりプルプルする、そんなあなたはダサくない、そっちのほうが美しい。
仲良くなろうぜ | comments(0) |
聖なる夜
が心臓発作で突然死んだら、あなたに笑っていてほしい。
一点の曇りもなくきれいな笑顔で、完璧ないつものように。
僕はこの世に、いてもいなくても同じだ。
僕は自分の存在を証明したいのではなく、不存在を証明したくてここにいるのだ。

あなたの気持ちの1gが、僕には1億ジュールの喜びになる。
うるせえ、かわいいと思ってるんだからしょうがないだろ。
ただしその1gに、わずかでも不純物があったらだめだ。
本当は、死ぬほどかわいいくせに、何やってんだ、まったく許すつもりは僕にはないぞ。

僕はこの世にいなくても幸せだった。

どうしても欲しい、あなたの1gと1秒と1声をよこせ。
それを、増やせ、とは永遠に言わないから、どうか。
仲良くなろうぜ | comments(0) |
人を受け止めるという労働
しい本も、一度読むだけなら娯楽だ。
知り尽くすまで読み込むとなると労働になる。
ああ読んだ、さてもう一度読もう、と汗を掻く。
さらりと読んで、あとは批評ぶっておしまい、それで何か得られるならいいんだけど、なかなかそうはいかない。

誰か、人を受け止めるのも同じ。
何度でも声を聞き受け止めるとなると労働だ。
一通り聞いた、触れた、さてまた聞かせて、触れさせて。
そうして汗を掻く。決して、批評ぶったり、相性占いなんかに頼ったりしない。

汗を掻き、三日も経てば懐かしい。

労働とはそういうものだろ。
その汗を掻く体力と気力なしに恋あいなんてできっこない。
仲良くなろうぜ | comments(0) |
片隅に平和
で生きていくだけのことに、こんなに問題があるとは知らなかった。
悲しいことがあるのは知っていたけど、問題になるとは知らなかった。
問題に取っ組み合って戦うばかりが生きることなのか。
悲しい、僕は本当は問題も目標も挑戦も要らない。

問題、問題、問題……
本当に問題が世界の中心なのか。
せめて僕の内側にまでは問題を持ち込みたくない。
目を閉じて広がる自分の世界に問題なんか必要ないもの。

解決をなくせば問題も消えるか。

問題があるから偉大なことも生まれるのか。
じゃあ偉大なことなんて消えてなくなれ。
仲良くなろうぜ | comments(0) |
彼に近づく秘密特訓
と親しくなるには、まず彼の名前を呼ぶこと。
苗字でも下の名前でも。
このことは、何度も言ってきた。
何度確認しても、損のないことだと思う。

声に出して、人の名前を呼ぶときのコツをひとつ。
○○さん、と呼びかけるとき、「さん」をはっきり発声すること。
日本語の性質上、実は佐々木さんとか岸さんとかは発声しづらい。
そういうとき、「さん」の特にSの子音を狙って発声すると、意外にキレよく響きよく声は出るものだよ。

彼の名前にもビートがある。

実は名前の呼び方にも、歌唱めいたコツってあるんだよ。
どの子音母音を狙って発声すればいいか、音程の高低はどうすればいいか、こっそり練習してみると、意外にすぐに効果は出るよ。
仲良くなろうぜ | comments(0) |
男の心を開く魔法
に話しかけてる?
モテる女は、話しかけるのが上手。
いい女はその点、積極的で効率がいい。
いい女は、一回話しかけることで、十回話しかけられるね。

話しかけるとき、話の内容はどうでもいい。
話し「かける」ということ自体が大事だ。
そのときの表情や、声のやわらかさ、親しさの雰囲気、その印象だけが大事。
そこが上手く入れば、男なんて、勝手に浮かれてあなたを口説いてくるよ。

女の声は、魔法の鍵。

女の一声は、実は男の心の扉をあっさり開くことができる。
ただ、どんな魔法の呪文だって、ちゃんと唱えないと意味が無いんだよ。
仲良くなろうぜ | comments(0) |
仲良しと親しさの違い
人はやっぱり、誰よりも親しくなくちゃいけない。
何年もつき合ったからって、親しくなれるとは限らない。
親しくなったつもりで、横柄になったら台無しだ。
横柄にならず、かつお互い甘え合える関係でなくちゃいけない。

まじめなオンナのコは、親しくなるのが下手だ。
仲良くなるのと親しくなるのは違う。
あなたは気の利く人だから、仲良くなるのは得意でしょう。
でも、本当に親しくなれるのは、その上等のあなたじゃない、もっと無様で甘えん坊のあなただよ。

やさしくしよう、気兼ねはやめよう。

恋人を気取りながら、相手にずっと気兼ねしてる人は結構多い。
その気兼ねは、やさしさでもマナーでもなく、ただのあなたの臆病だよ。
仲良くなろうぜ | comments(0) |
| 1/2PAGES | >>