☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
語りかけてくるもの
れだけ文章を書き晒していて、まるで矛盾するようだが、僕は人に「語りかける」のが好きじゃなくて。
なぜ好きじゃないかというと、もともと話してわからないものは、語りかけたってわかるものではないからだ。
話が通じないことはもちろん悲しいし、話が通じないなんてことは原則ないと信じてはいるが、そうでない場合も少なからずある。
話すというのはただ話すだけだな、書き話すということでも同じだ、誰かや何かに「語りかける」なんてことは存在しない、もしくは存在してもやらないほうがいい。

それでも、人は人に話さなくてはならない。
話すことでしかわからないことがあまりに多いからだし、それ以上に、話でもしなければヒマすぎるというのもある。
もちろん独り言をつぶやくなんてことは論外で、ともかく「話す」ということは「そいつの言っていることがわかる」ということに尽きる。
そして「そいつの言っていることがわかる」ということがあれば、それだけで得られるものはあるし、それが成立しない場合はもう何も得られるものはないのだから、「語りかける」なんて悪あがきはしないほうがいい。

魅力があればそれだけでいい(語りかけるなんかしなくていい)。

重要なのは、「語りかけてくるものがある」ということであって、「語りかける」という行為が重要なのじゃない、語りかけてくるものがあれば「語りかける」なんて行為は要らない。
「語りかけてくるもの」は、第一に熱なのだろう、そして静かで騒がしくない、「語りかけてくるもの」は話している内容とは別に存在している。
おしゃべりしちゃおうぜ | comments(0) |
有用な……構造の順列
を褒めて生きるように。
と、定期的に、言っている気がするな……
「わたしは人を褒める人でいく」と、明確な意志をまず持て。
そしてその技術にシャレじゃなくて長けるんだと、当たり前に持っていい夢を持っていけ。

人の「良いところ」なんか探してもしょうがない。
そのスケベ心はよくよく見りゃ「ウソついてるだけ」だ。
ウソは決してつかない、ただ「構築の順序」である。
「あの人明るいけどクズでしょ」では、どうしたって陰険だ、よく見て順序、構造の順列を入れ替えろ。

直接断じろ、「お前クズだけどネアカだよな」。

見ろ、どこにもウソをついていない。
褒めろというのは、好かれる方法というのじゃない、あなたの「勝負の仕方」についてだ、嫌われる人にまで好かれようとするなよ。
おしゃべりしちゃおうぜ | comments(0) |
アホにならないために
「やはり、もっと歓喜が得たいんだ」
「それは前向きね、焦りと苦しみはないかしら」
「そこは、停滞にこそ焦りと苦しみがあると捉えよう」
「より大きな突破が必要という印象を受けるわ」

「突破というのはいい響きがする」
「いっそ突破ならなんでもいいかもしれないわ」
「うん、そのことは試す価値があるね」
「歓喜を得られない突破にも好意的になるべきかもしれない」

アホほど結論を出す。

「つまり突破が歓喜なんですよね」
「何を突破すればいいんでしょうか」
おしゃべりしちゃおうぜ | comments(0) |
沈黙を出力せよ
黙を上手に使おう。
言葉を使わないのが沈黙ではない。
沈黙は言葉のひとつだ。
楽譜にある休符が精密な音符のひとつであるみたいにだ。

沈黙は、重要さの意志表示である。
人は重要なものに触れるとひとまず沈黙するのだ。
だから、彼が、「おれアイツのこと嫌いでね」と話し出したら、眼を見てスッと頷いて沈黙する。
それは、「わっかるー」と答えるよりも、重要です、あなたの話すことはわたしに重要です、という意志表示になる。

メールはすぐ返信しろ、会話はすぐ沈黙しろ。

この逆をやる人は少なくないが、それはちぐはぐだ。
集中力で、沈黙を上手に使えたら、あなたは卑怯なぐらいモテるよ。
おしゃべりしちゃおうぜ | comments(0) |
親指が啓く未来
ミュニケーションが不足している気がする。
深いのでなく、もっと浅い次元で。
心のつぶやきというのは案外要らない。
むしろつぶやきがコミュニケーションを失わせている。

「今日もつつがない一日でした」でいい。
誰かにメールしろ。
なんでもない内容でいいんだ。
なんでもない内容をメールしてきた、という「行為」そのものが、コミュニケーションとして受け取られるのだから。

寝る前に三通メールを送れ。

人とのつながりって、一番浅い具体性で言うとそれだからね。
つまんなくていいし、一方的でいいんだ、陽気に行こう。
おしゃべりしちゃおうぜ | comments(1) |
カモン・トーク・ウィズ・ミー
かにガツンと言われてムカッとくる。
それも連続でガンガン言われるのがいい。
その先に、不思議な現象がある。
あなたがそういう人に出会えばいいな。

ムカッとくるのに、それが続くと、なんだか笑えてくる。
そして、「あれ? この人のこと嫌いじゃない」となってくる。
そのときはじめて、人と付き合うということが体験される。
ムカッとくる炎も残ったまま、嫌いじゃないという炎もあって、炎ぎらぎら、均整がとれる。

まず踏みにじりあえ。

それで嫌味が出ちゃう奴は、もともと嫌味な奴なんだよ。
ガツンとなりあって、それでも大丈夫だと体感したとき、本当に眼差しと微笑みはぎらぎら、炎のようになるよ。
おしゃべりしちゃおうぜ | comments(0) |
あなたの本当の声
間は、口でモノを言うという思い込みがある。
けれど本当にモノを言うのは身体のほうだ。
心臓の上、身体の中心線、胸骨を割いた口からモノをいう。
いわゆる口とか唇とかは、実はガス抜きの煙突にすぎない。

なんならその胸の骨の上に唇の刺青を入れていいぐらいだ。
その胸の部分に、声が響くだけではだめ。
その胸を割いた穴から声が抜けて出てこないと。
端的に言えば、意識が顔面に囚われすぎで、身体にも顔のような相があり身体にも表情があることを忘れている。

あなたは「本当の声」を隠し持っている。


それはびっくりするような、頼もしくて豊かな声だ。
一方、携帯メールやツイートの声は、どうしてもアタマを通過させないと排出できない。
おしゃべりしちゃおうぜ | comments(0) |
あなたのYESに恋の種
間は気持ちのいいことをやりたがる。
誰にやれと言われなくても、繰り返し重ねてやりたがる。
たとえば教科書やノートの端っこにする落書きなんかがそう。
割り箸の袋を、なんとなく折ってしまう、ああいうのもそうだね。

気持ちよさのヒントは、自由という感覚にある。
解き放たれることが、それ自体気持ちいいんだ。
思いつくまま鉛筆で落書きするのが楽しいのはそれが理由。
あなたと彼とのおしゃべりが、彼にとって授業じゃない、思いつくまま落書きする、そういう楽しさのものならうれしいね。

あれこれ言わずまず純白のYES。

何か言うべきことがあったとしても、それはYESの後でいいんだよ。
「うん、うん。…あ、でもさ」、このやり方は案外大事、若いうちこっそり身につけておいてね。
おしゃべりしちゃおうぜ | comments(0) |
おしゃべりが苦手なあなたへ
しゃべり下手を真剣に直したいと思う人は。
俳句を学ぶことを僕はマジメに勧めるよ。
俳句じゃなくて単なる句でもいい。
そうだな、種田山頭火などを僕は勧める。

おしゃべりの話題なんて、前もっては決められない。
実はその場所そのシーンを、感受性が受け取って決定している。
目の前にあるものを、グッと感じて、グッと圧縮して、表現するのが会話。
その点は、実は種田山頭火の句も、松本人志のボケも、原理としてはまったく同じなんだよ。

感じているから、しゃべりが楽しい。

「まつすぐな道でさみしい」と種田山頭火の名句がある。
これにジーンとくるようになれば、原理はそういうことだよ。
おしゃべりしちゃおうぜ | comments(0) |
話し方で、モテたりモテなかったり
ッセージをもらうのは、誰だってうれしい。
このことが、コミュニケーションの根底にある。
大事なことは、メッセージの交換だ。
通信を長引かせても、コミュニケーションにはならないからね。

メッセージは、感性から生まれる。
何を感じたか、どう感じたか、そしてそれをどう伝えるか。
他人に内緒で、あなたは少しこのことに真剣に生きて。
あなたの今の話し方は、ノイズであってメッセージじゃないんだよ。

言葉は、贈り物。

贈り物をするとき、あなたは丁寧に真剣に取り扱うでしょう。
それと同じ、集中して、丁寧にしてみて。
おしゃべりしちゃおうぜ | comments(0) |
聞き上手のための深呼吸
話を弾ませるには、息が合うことが大事だ。
息が合うということは、要するに呼吸が合う、ということになる。
呼吸が浅いと会話は絶対に弾まないからね。
ときどき、肩でぐっと背伸びしてみて。

恋仲を狙うなら、オンナは聞き上手が有利だ。
聞き上手の呼吸、というのを知っておこう。
すなわち、彼の話を聞くとき、呼吸を静かにすること。
人間って、人の呼吸を読んじゃうんだよ。
あなたがハアハア呼吸していると、あなたが話す番かな、と彼は思ってしまうからね。

聞き上手には、ストローで息を吸ってみる。

実際にやってみてもいいし、イメージでやってみてもいい。
そのときの、細い息がおしりまで落ちる呼吸、それが聞き上手の呼吸だよ。
おしゃべりしちゃおうぜ | comments(0) |
絶対に恋ができないオンナ。
口のオンナは、絶対に恋ができない。
これ、意外に知られてないけど、事実だ。
声が甲高くて早口のオンナは、なぜかものすごく安物に見えてしまう。
例えばテレビタレントで言えば、磯野貴理や凛花などがそうだ(失礼)。

恋愛モノの映画やドラマを観ていても分かる。
ヒロインが早口で聴き取りづらい、なんて恋愛モノはない。
気持ちをキリキリさせて、キーキーしゃべったらオンナは終わりなんだ。
慢性化しないうち、早口は直したほうがいい。

その口調じゃ、お姫様になれない。

オトコがオンナに恋をするとき、そのオンナはお姫様だ。
お姫様にふさわしくなければ、やっぱり恋にもふさわしくないんだよ。
おしゃべりしちゃおうぜ | comments(0) |
セックス中に効く会話。
ックスのとき、会話してる?
してないなら、絶対、したほうがいい。
会話っていっても、もちろん、野暮な会話はダメだけど。
でも、「ステキ」とか「すごい」とか、まあそういうやつは、ちゃんと言ったほうがいいよ。

セックスのときは、お互い無防備になってる。
だから、その中での会話は、ものすごく効くよ。
会話と言っても、文脈は要らない、細切れの言葉でいい。
それは、細切れの言葉だけでも、セックスの最中なら、十分伝わってしまうってことなんだな。

彼を止めてでも、「ステキだよ」と伝えよう。

これやられたら、彼はあなたに感激するよ。
「ちょっと、待って」って、彼の作業をやさしく止めて、思い切って言ってしまおう。

おおきに
すっ、すげえ。もう18位だm(__)m!
おしゃべりしちゃおうぜ | comments(2) |
オトコが絶対付き合わないオンナ
話してて、楽しくないオンナと、オトコは絶対に付き合わない。
これ、残酷だけど、絶対の事実だよ。
だからあなたは、会話の楽しいオンナにならなくちゃいけない。
そのために、まずやるべきことが、明らかにある。

会話の楽しいオンナになるには、第一に、言葉を増やすことだ。
脳みその言語野を、活性化するといってもいいかもしれない。
会話の楽しくないオンナって、言葉が足りていないんだよ。
言葉を増すだけで、楽しくなるオンナ、これは世の中にたくさんいると思うな。

まず、「ありがとう」を100個作ろう。

まず、やるべきことは、これ。
ありがとう、助かったよ、うれしかった、ステキだった、励まされた、勇気でちゃった、きみのおかげだよ、心の底から感謝するよ、今日のことずっと忘れない、助けられちゃった、やさしいね。
こういうの、いくらでも出てくるけど、あなたはどうかな。
出てこないときは、「ありがたい」ってどういうことか、じっくり思索してみてね。

おおきに
おかげさま!なんともう23位でありますm(__)m
おしゃべりしちゃおうぜ | comments(0) |
会話には話題なんて要らない。
とおしゃべりするのに、共通の話題、なんて無くていい。
むしろそんなものは、無いほうがいいぐらいだよ。
話題ってのは、「素材」でしかない。
会話で大事なのは、素材じゃなくて、それをどう取り扱うかだからね。

例えば、彼と食事している、その窓の外で、雨が降っているとする。
それを「話題」として、すなわち「素材」として、あなたはどう「思索」するか。
それだけの問題なんだな。
「雨ですねえ」としか、言わない人もいるだろう。
でも、「雨の日って、雑音が遠のくから、いいよね」なんて、普通に言える人もいるんだな。

話題を探さない。話題をよく観る。

あなたの目の前には、お目当ての彼がいるわけだ。
その「彼」自体を話題にして、本当はあなたは、思索がどんどん出てこなきゃいけない。
ここで止まっちゃうオンナは、残念ながら、思索の機能が止まっている、要するにおバカさんだ。
楽しいおしゃべりに、知恵も知識も要らない、要るのはただ、あなたの思索だけだよ。

おおきに
ランキング、現在27位でありますm(__)m
おしゃべりしちゃおうぜ | comments(0) |
会話における最重要事項。
「いけね、また携帯忘れてきた」
「あはは、まただね、携帯キライだって言ってたもんね」
こういう、会話があったとする。
後者は、相槌を打っていることになるけど、これではまだだ。
こういう場合の相槌は、相手の名前をいれなくちゃならない。
何度も何度も言ってるけど、相手の名前を使うこと、これは会話において最重要事項だよ。

「あはは、○○くんって、ホントに携帯キライなんだね」
こう相槌するだけで、ずいぶん印象は変わってくる。
名前を呼ぶことで、個人と個人の関係が始まるんだよな。
だから、名前を呼ぶことが大事というより、名前が出てこないやり方がまずいということ。
名前が出てこない、その会話のやり方は、個人と個人の関係を、あえて始めないやり方になってしまうんだな。

名前の出てくる文脈で話そう。

「携帯がキライ」という文脈は、「携帯」が主語になってるね。
「○○君は携帯キライ」という文脈は、「○○君」が主語になっている。
これは、テクニックの差ではなくて、視点の差。
名前が出てこないのは、視点、そのものがマズい。
相手の名前を取り扱うということは、あなたを主語にして物を見ていますって、そういうやさしい視点になるんだよ。

おおきに
ランキング、現在30位でありますm(__)m
おしゃべりしちゃおうぜ | comments(2) |
なんとなく、近づきやすいオンナのコ。
えば、あなたが電車の窓から、小さな子供に手を振ったとしよう。
その子供が、手を振り返してくれたら、あなたはうれしい。
こういうこと、見落としたら、だよ。
手を振り返す、その子供に、相槌の原型がある。

手を振ったら、振り返す、そういうふうに、動作が同調する。あるいは、同調させる。
心理学では、このことを、ミラーリングとかって言うんだけどね。
でもこれは、もっと単純に、相槌のひとつだと捉えておけばいいんじゃないかな。
そういう、意識の外にある相槌が、実はあなたの「印象」を形作っていたりもする。

言葉に答えるのが会話。動作に答えるのも会話。

よく、子供の質問で、「動物さん同士って、会話してるのかなぁ」っていうやつがあるよね。
これについては、Yesが正答で、動物は、ちゃんと動作によって会話している。
もちろん、動作によって会話しているのは、実はあなたもそうなんだよ。
あなたが、その動作に敏感になれば、あなたは相手にとって、「なんとなく近づきやすい」という印象のオンナのコになれるんだな。

おおきに
ランキング、現在37位でありますm(__)m
おしゃべりしちゃおうぜ | comments(2) |
会話とは、リズムそれ自体のこと。
く、会話はキャッチボールだ、みたいなことが言われるね。
これ、正しいし、当たり前。
もっと言うと、会話がキャッチボールというより、キャッチボールが会話、って言ってもいいのかもしれない。
会話なんて、内容はなんでもよくて、リズムさえあればいいわけだからね。

昨日の、相槌の話を続けるけど、相槌も、もちろんひとつのリズムだ。
パワーのある相槌が、相槌を「打つ」ことになる、と言った。
ここでね、「打つ」ということと、「リズム」ということを、一緒に捉えるとさらに分かりやすいのかもしれない。
打つことで、リズムを作るわけだから、あなたはもう、生きてる打楽器みたいなもんなんだよな。

ビートのある、相槌を打とう。

リズムを作るのは、ビートだ。
アクセントのある相槌、と言ってもいいかもしれない。
ビートのない相槌ってのは、やだよね、生返事だもんね。
お互いのビートがハマれば、会話というやつは、ヘタなダンスよりよっぽど気持ちよかったりするよ。

おおきに
ランキング、現在39位でありますm(__)m
おしゃべりしちゃおうぜ | comments(0) |
会話を弾ませる方法。
話を弾ませるのは、カンタンだ。
彼の話に、「相槌」を打てばいいだけだ。
この当たり前のこと、なかなかちゃんと、できない人もいるね。
相槌が打てないうちは、いつまでたっても、仲良くなれないから損なんだけど。

相槌がヘタな人には、明らかな特徴がひとつある。
それは、相槌にパワーがないということだ。
本人は、相槌してるつもりなんだろうけど、パワー不足なんだな。
相槌は、別に「うん」でも「はい」でもいいわけだけど、そこにパワーがなくちゃ意味がない。
声に出さず、頷いて返すだけでもいいから、とにかくそこにパワーを乗せることが大事だ。

相槌は、「する」ものではなく、「打つ」もの。

相槌が打てたら、黙ってても、会話はどんどん弾んでいくよ。
ちなみに、「うん」より「はい」のほうが上品だから、そっちのほうが、何かとおトクになるかもね。

おおきに
ランキング、現在44位でありますm(__)m
おしゃべりしちゃおうぜ | comments(1) |
| 1/1PAGES |