☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 人を受け止めるという労働 | TOP | 制度下の恋人と人生 >>
歌と恋が上手くなる方法
しかける対象の人の、名前をしっかり使うこと。
このことを貫くと、なぜか人は歌が上手になる。
技術的な向上じゃなくて、本質の、「あれ? 何かいいよね」という部分で向上する。
人の名前も歌のタイトルも同じだからだ。

歌にも人にも、実は実体なんてものはないんだ。
だから素人が歌っても、そこに<<歌がある気がしない>>。
ところが一流の歌い手は違う、彼らがやっているのはメロディとか和音とかリズムとかではない。
まずそこに、歌というものが実体を具えて現れてくる! だから何かが伝わるし体験される、内容のどうこう以前に。

名前は鍛え上げるもの。

名前に意味は無いし(親御さんが文字にこめた分意外は)、記号として使う分には識別番号と変わらない。
でも違う、名前をしっかり捉え、しっかり使い込んでいく、すると名前が鍛えられて、互いの関係が実体を具え始める……これ以上の極意を僕はこれまで話したことがない。
できるオンナだね | comments(2) |
コメント
彼に名前、呼ばれるのが好きだった

呼び捨てなんだけど、
この上なく優しくて

じぶんのナマエがこんなにも
やさしく響くって知らなかったし

彼とはもう別れてしまったけど

彼に出会う前よりも、

じぶんのナマエが好きになった
2012/08/05 3:07 PM by sunday
九折さんo(^o^)o
私きっと名前を鍛え上げてみせます!
2012/08/19 4:58 AM by まいこ
コメントする










| /PAGES |