☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 思い出をありがとう | TOP | あなたのことを笑う人 >>
何かを好きになることと
人になるとあまり泣いたりしなくなる。
それは、強くなったから、ではどうやらない。
単に、目を逸らすのが上手になっただけだ。
そうして、常に目を逸らしてあるのが基本態勢になると、次第に、何も見ないで生きていく様(ざま)になる。

大人になるということは、笑ったり泣いたり怒ったりしなくなる、ということではなくて……
笑ったり泣いたり怒ったり、しながらでも、理知を失わない、それだけ鍛えられている、というのが大人だ。
"目を逸らしてあるのが基本態勢"で、どうして人を、物事を、好きになれる? そんなインチキはあなた自身が許さない。
その上で、わかるよ、目を逸らすのはとても便利な方法だし、何かを本気で好きになるというのは、後にものすごく苦しいことだ、目を逸らしておきたいほどに。

大人はつまり、悲しみへのケリの付け方。

子供は泣き喚くしかなくて、そのとき判断力の喪失もやむなしとされている。
大人は違う、少なくとも、目を逸らして「安定でござい」とスカしているふうは大人ではないし子供でさえない。
恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |