☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 困難に手招きを | TOP | オムレツの夢 >>
「相手」に向ける能力について
要なのは常に、「相手」に向ける能力だ。
握力や背筋力なら、自分ひとりで鍛えられるが、そんな能力はきっとあなたに重要じゃない。
あなたの声が、言葉が、存在が、響くか、伝わるか、必要なのはその能力だ。
自分ひとりのことだけ鍛えて、相手に向けるうんぬんになると、度胸と根性の面から、さっさと逃げてしまう人はすごく多い。

たとえば、母国語で女を口説けない男性が、外国語を習ったって意味が無い。
習わなくたって、アイラブユーぐらいは知っているのだから、それで口説けばいいだけの話だ。
口説く、笑わす、呼びかけ、歌い、交渉する、すべて「相手」に向ける能力だ。
「相手」に向ける能力において、自分は無能でかつ"臆病"だというとき、人は逃げる、そこは逃げない覚悟をしなくちゃいけない。

楽屋で声を嗄(か)らす。

「楽屋で声を嗄らす」という、慣用句がちゃんとあるんだ。
楽屋でどれだけ色っぽく、面白い話ができているつもりでも、それじゃだめなんだ、目の前の笑いにくいヤツをどう笑わせるかというのが人間の能力だからだ。
いいオンナはいい言葉を | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |