☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 勉強する人 | TOP | 日本とあなたとカッコよさ >>
クローゼット
はどんな服を着てもいいし、どんな言葉を使ってもかまわない。
個人の自由というやつで、高級服を着てもいいし、高級な言葉を使ってもかまわない。
が、ダサい人には、高級な服は余計に恥ずかしいし、高級な言葉も余計に恥ずかしい。
「おしゃれ」というのは、服が「洗練されている」と見えないといけないし、言葉も同じで、「洗練されている」と見えなければ逆に恰好が悪い。

なぜあなたは、ゴミ捨て場から拾ってきた服なんか着ているのだろうか?
いや失礼、間違った、服はちゃんとしていたな、言葉の話だった。
なぜあなたは、ゴミ捨て場から拾ってきた言葉を使いまわして、しかも、だんだんとそれが似合う人になっていくのだろう。
あなたの言うとおり、おしゃれって甘くないよね、無理して着ている服ってすぐわかるし、無理して使っている言葉もすぐわかるからな。

詩集は言葉のコレクション・ショーだ。

だから、「こんな言葉、誰がどこで使うんだよ」みたいな言葉が並んでいる、パリコレと同じだ。
確かにあなたには、高級な言葉は「似あわない」のかもしれない、でも、居直っているふうに見せて、それってあなたのコンプレックスなんじゃないのか。
いいオンナはいい言葉を | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |