☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 人の気持ちがわかるということ | TOP | いちご狩りにて >>
肩の力が抜けないあなたへ
の力を抜くことなんてできやしない。
よほど自信に到達していないと肩の力なんて抜けない。
それ以上に、人を、友人を、信用することに到達していないと、肩の力なんて抜けない。
何のために力を入れているか、それは自分を守るためだ、防御し、優秀もしくは善良を見せつけるための、欺瞞の力みが入っている。

「肩の力を抜きたいと思う」。
そういう、向上心から、肩の力を抜くことはできない。
「肩の力を抜きたいと思う」「何カッコつけてんの、バカじゃないの」、そう返されたらグウの音も出ない。
肩の力が入っているなら、「自分はなんて小物なんだ」と、呆れ果てるのが筋道だ、自分を正しく見つめたら、力なんて勝手に抜けるよ。

向上心とか笑わせるな、絶望とか笑わせるな。

ただまともな自信も持てないということから、肩の力が入ったままで、それが「向上心」なんて大げさだし、「絶望」なんてちゃんちゃらおかしい。
肩の力が抜けないあなたへ、あなたは「肩の力が抜けない人」なんだ、それを「おかしい」と思っているのはあなただけで、周りから見たら「当たり前」だよ。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |