☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< よろこびに、満たされたこともないくせに | TOP | 肩の力が抜けないあなたへ >>
人の気持ちがわかるということ
なたが居酒屋の店員だったとする。
いつもの常連さんが、いつにもまして何やら陽気にいらっしゃった。
「生ビールちょうだい!」「あいよー」、あなたには彼が「おー、飲みたがっているなあ」と見える。
「はいごきげんさん、生ビールお待ち!」、あなたは威勢よくビールジョッキを置く、「いやあ~疲れたー」「どうです、今日はカンパチのいいのが入ってますよ」、あなたの陽気が彼の陽気をさらにアルコールに向けて煽る。

それが、「人の気持ちがわかる」ということだ。
次は、いつもの常連さんが、今日はややうつむきがちに入ってきた。
あなたは彼を、できたら奥まった静かな席に案内する。
「はいお待たせ、こちら焼酎のロックね。ゆっくりしていって」「……(黙ってうなずく)」「……味噌汁でも飲む?」「あ、うん、そうね、ちょうだい」。

人の気持ちを無視して、「あなたのやり方」なんて存在しない。

だから人を応接するマニュアルなんてないんだ、そりゃそうだろう、陽気なイヌと怖がっているネコを一つの方法で扱えるか、人間味のない発想をするな。
あなたは日によって、やる気に燃えたり、暗く落ち込んだりするかもしれない、それは自分にとってとてもマジに思えるものだ、目の前の誰をも無視したままな。
できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |