☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 周りの調子と「意志」の関係 | TOP | 女にモテるという自然現象 >>
行動の迅速化(つぎつぎ理論)
ょっとだけ真面目な話。
女性は風呂で髪を洗うだろう。
シャンプーをしている間、思考は先に、リンスをどうするか考えて。
そうしたら次の行動に移るのが早いから、今度はリンスをしている間、髪をタオルドライすることを考えて、そうしたらまた次の行動が早くなるから。

これは割と、本当に真面目な話でね。
行動→終わる→さあ次どうしよう→決定→行動、とやっていたら色んなことがものすごく遅くなってしまう。
そうではなくて、行動(次どうしよう→決定)→行動、という状態でないと行動が連続しないんだよ。
Aをしているとき、考えるのはAのことではなくBのことだ、シャンプーをしているときは決してシャンプーのことを考えないで。

動作はゆっくりでいい、思考もゆっくりでいい。

なぜならシャンプーをしている間、思考する時間はたっぷりあるもの、それがシャンプーが終わってから考え出すから時間が足りなくなる、そして時間が足りないから思考も動作も慌ただしくなる。
あなたが出掛けるとき、靴を履いている間に、カバンから家の鍵を取り出すことを考えてね、玄関を出てから「鍵を出そう」と考えていたらすべての行動は途切れとぎれですごく遅くなってしまうよ。
バカをやろうかあ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |