☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 恋あいほど差別的なものは他になく | TOP | 「あなたは遅れているね」 >>
たくさんのことがあるように見えて
でもが持つような義侠心や、願望、あるいは危機感や、跳躍へのロマンチシズムなど、どれもこれもが重要かもしれない。
けれども、それが重要に感じられるということによって、われわれはそれを愛さない。
いわばわれわれは、本当には、重要でないことの中にずっと漂っていたいのだから……
たくさんのことがあるように見えて、それら喧騒のきらびやかさの中、陽光の持つ輪郭を消す力は失せ、肝心の"世界"がないじゃないかということに、しばしばなるのかもしれない。

人は刺激物を求め、喧騒に寄り集まりながら、どこかで自分が喧騒と刺激に不感症になる瞬間を、待ち焦がれている。
音はあってよいけれど、耳など聞こえなくなればよいのに、という感じがしている。
はげしい愛が、おだやかな自分を、ただ横たえたまま老いさせてゆけばよいのに、と望んでいる。
ときおり正しい、やんちゃのこころがざわめき始める、つい笑ってしまうけれど、それらはまさにたくさんのことが特にないように見えてならないときに起こるのだ。

美を求めるうちのむごたらしさ。

われわれは本当はそういったことの一切から逃れたくて、他人とはまるで違う美を見つけ出し浸りきる時間を愛している。
そういったことに、ややという程度でも自分を近づけてくれることのために、いくつかのすぐれた文学や映画が役に立つ。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |