☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< たくさんのことがあるように見えて | TOP | 聞く、ということ >>
「あなたは遅れているね」
ばしば決定的な不能性として、自分自身へのイメージに縛られているというような人を見かける。
「わたし」は、こんなもの……そのようなイメージは、単に習慣づいて慣れさせられているというだけで、むろん実体があるものではない。
けれども、弱々しく気の滅入る顔や声で振る舞う人は、それが自分自身へのイメージだからということで、やり方として優れていないそれをやりつづける。
その結果、不本意な結果ばかりが得られるとしたら、それは手を打ち鳴らして賞賛したくなるほどの、あるがまま自明の結果だというように、他人事には映るものだ。

そういう人は、凝り固まっており、流れておらず、悲愴な表情で内心を告白したりすることも、せいぜい自分のイメージに織り込み済みのものだ。
当人としては、重大に思える無数のことを、大事に抱え込んでおり、その抱え込んでいるという状態によってこそ、自分が死に体になっているということに気がつかない。
<<向上心らしきものを抱え込んでいる人間の、精神的な体勢は、まさに抱え込んでいるのだから、一歩も身動きが取れまい>>。
拙い自分ながら、向上心もあるのですという、そういった自分自身のイメージが、果たして何の役に立つだろう、いついかなるときにも抱え物を持ち込んでくる弁えのない人たちのこと。

イメージなんて、壊す必要もなく、ただ「あなたは遅れているね」とだけ言われればいい。

自分自身へのイメージなどというものは、何ら重要なものではないのだから、そんなものをいちいち取り壊す必要はないし、またそれを新しいイメージに切り替えるなどというは滑稽話で、誰も笑ってもくれない。
遅れているというのは、もっとも残酷にみじめなものだから、あえてそのことは友人から言ってもらえたほうがいい。
視点変えてこ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |