☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< ジョークとユーモアをどうぞ | TOP | 思考分裂の時代 >>
二十四時間耐久ワークショップ(済)
ークショップ「ちゃんでき教室」が、土曜日の部、二十四時間ぶっとおしで続いた。
なぜ続いたかというと、みんな帰らないからだ、みんなが帰らないと僕も帰れなくなる……お前らどれだけヒマなんだと言いたくなるが、ヒマなのはすばらしいことだ(「仕事なんかしてる場合じゃないんですよ」と言った女性有)。
途中で食事も挟んだが、基本的に屋外で、二十四時間も過ごすとヘトヘトになる……と思いきや、逆に人間はどこかマトモになるように感じる、それはまあ当たり前のことかもしれない。
だからといって、何かがすばらしいということはまったくないが、元々僕は自分のすることのすべてを「すばらしくない」という一点で統一しているので、これはこんな感じでいいのだろう。

汗と青春と、スポーツと頑張りは、すばらしいものだ、だから僕はこれらの一切をやらない。
青春といって、スケベなほうの青春はきっちりいただいてしまうが、これはすばらしくないものなのでよいのだ、スポーツ的青春は全品輸出してどこかへ追いやってしまおう。
誰も話を聞いてくれないという状態がいい、誰も他人のことを知りたがらないという状態がいい、寂しさに食われた人間のあさましさを善行にすり替えるような阿呆をしてはならない。
ちゃんでき教室を二十四時間やりました、という、これはレポートであって、それで何があったかというと、別に何もないので、引き続き僕は「天才しか成長しません」という最低の言説を無責任に言い放っておきたく思う、根拠はもちろんない。

よく自分が天才でないなんて言えるな。

僕は完全に無能非才の人間だが、僕は僕の才に頼らず天の才に頼るからなんとかなると言い張っている、根拠はもちろんないが、強いてこじつけるなら二十四時間遊び続けることが根拠か。
こうして書き話しながら、よしやっぱりすばらしくないなあということを確認して、今日もごきげんでいる、誰もこんなふうになってはいけない、楽しいものは人に譲りたくないものだ。
バカをやろうかあ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |