☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 恐怖の夜に | TOP | 「道」なんか探してはいけない >>
この日この世界で最もシリアスなこと
日なんかは特に、お酒を飲んで酔っ払って遊んでいたいんですけど!!
まあ色々と野暮用があり、やらなきゃならんことがあり、そんなことをわずかも崇高に思わないので、ぐぬあああと呻いているのだった。
先日も、クラブイベントに行きたいところをガマンして、無理やりテンションを下げたのに……ああいつまでこんな地味なことをしなくてはならないのか。
僕のように、何もないのに浮かれている奴がビョーキなのか、それとも、何もないのに落ち込んでいる奴がビョーキなのか、議論が必要なところだが、議論は面倒くさいので、オレが正しいということにしておこう、議論は後付けでうまいことよろしく。

東京の夜にはたまらないものがあるだろう。
もちろん神戸の夜にもある、バラナシの夜にもある、あと他の誰も知るまいが、コンスタンチノープルの夜にもたまらないものがあるのだ。
たまらないものがある/ないという点において、ないという奴は問答無用で雑巾がけの刑である、どこかを必死でザブザブやれ。
きれいな女の人ならだれでもいいので、それも二の腕ぐらいでガマンするので、猛烈にセクハラさせてくれないかな……たまらないものがあるのだ、きれいなら誰でもいいし二の腕だけでいいというあたり僕はまったく誠実で控えめで、貞淑なので、きっと人格が成熟しきっているのであろう。

大丈夫、セクハラしかしない。

たまらないものがあるというのに、セクハラしかしないということを誓おう、と、このあたりでそろそろ冗談もほどほどにしないと本当に怒られることがあるので引き下がるのだった、僕は根性のパラメーターが0しかない。
この日この世界で最もシリアスなことは、僕が飲みたいのに飲めないということだと思うが、新聞はそう報道してくれないかな(何の足しにもならない話ですみませんでした)。
バカをやろうかあ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |