☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< エロスは特権的である | TOP | 四分で出来る自己啓発法 >>
エロスは特権的である2
ロスは「思想」だ。
男性が女子高生やナースやキャビンアテンダントの「制服」が好きなのは、制服がそれぞれの「思想」を担っているからだ。
あなたはマンガ喫茶の本棚で犯されるのと、図書館の哲学書の本棚で犯されるのとどちらがよいか。
エロスは「思想」だ、そして制服や哲学書が"似合う"という人は特権的だ。

オタクと呼ばれる人たちは、知識や技術はあっても、「思想」がないのでエロスがない。
知識と技術だけしかない医者よりは、「思想」のある殺し屋のほうがエロスがある。
中堅以降のエリートは、誰だって知識と技術を豊富に持つが、多くは「思想」を失うのでエロスを失う。
知識と技術は、努力と経験を積めば誰だって得られるので平等的だが、「思想」が得られるかどうかは人によるので、差別的で特権的だ。

エロスのない人は、セックスに知識と技術を求める。

「ヤリたいじゃん」「気持ちいいじゃん」「僕必死なんです」「そりゃわたしだってしたいわよ」、これらの類はどれも「思想」がないので、どれだけ必死でもエロスにはならない。
セックスに快楽があるのは当たり前だが、人は思想のない快楽や死を厭っているのだ、人は思想なしに死んだりイッたりはしたくないのだ。
えっちはいいよな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |