☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< すさまじい春バンザイ | TOP | 白光 >>
「僕はヤワじゃない」、春風きたりて

から春の風が吹きこみ、僕の書斎は渦となる、すべての過去は洗い流され、洗われてはじめて思い出が得られる。
桜の咲く街を駆けて、就職活動なんかしていたとき、一年後に丸の内に勤めた、丸の内の上司は人格障害者だった。
大企業で、四十を超えて課長などといえば、人格障害で当然で、そんなことは何も珍しくない。
僕はそのことを、よろこびはしなかったし、嘆きもしなかった、そんなことでいちいち嘆くほど、僕はヤワじゃない。

僕は姉から暴力を受けて育ったし、両親は不仲で離婚した、僕は運動神経が悪かった、だが強くなろうなんて思うほど僕はヤワな少年じゃなかった。
今はどんなご時世か、家族は機能不全が当たり前で、両親の人格は危機に瀕しており、大学生はキャラ化した友人たちのみ、恋人は互いの闇を見せつけあうホラーゲーム、ご夫婦は親戚含めどう見ても愛し合えっこない人たち。
ワイドショーで報道される芸能人の不倫騒ぎにも、いまいち熱狂できるわけではないし、こころに響いてこない髪の毛シンガーやダンサーを見ながら、悲観を得るほど少なくとも僕はヤワじゃない。
誰から誰へもラブではなく、僕の恋人たちもついに堪えきれずに去っていってしまったりするが、僕は永遠の例外を引き受ける、なんたってそれしきで参るようなヤワでは僕はないからね。

新機軸、人格障害で当たり前。

今あなたに必要なのはこのことだろ、あなたもヘンだし周りもヘンだ、何もかもがごまかされながら根っこがヘンだ、そんな当然のことにいちいち怯えることをヤワというんだ。
空のかなたから重なって聞こえる春の轟音、聞こえるか、ヤワじゃない世界でヤワでいるからいちいち苦しんでいるんだ。

視点変えてこ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |