☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< ウアアーっ | TOP | 情報思念で十数年 >>
愛とシバキとGAMEOVER

の前のものは愛するか殴るしかないと思うが……
いちいち殴っていては身がもたないので、実際に殴ることは全然ない。
「殴ってくれて全然いい」「殴ってくれるのは全然かまわない」と、健気に言われるけどね。
彼女は正しくて、そこで殴られたらGAMEOVERにはならないけど、殴られなかったらGAMEOVERなのだ、かといっておれも二十四時間そんなイケイケで生き続けるのはしんどくてだなあ……

いちいち人を殴ったりはしないわけだが、そのことがいかに冷酷なことかを僕は知っている。
だって目の前で人がGAMEOVERになるのをやすやす見過ごしているのだから、なかなか冷たい奴だなお前と自分で思う。
目の前のものは愛するか殴るかしかなくて、殴るということはGAMEOVERではなく、愛することへのリトライ、ただのやりなおしだ。
気丈なフリしていた女の子がポロポロ泣くのを何度も見たよ、痛くて泣いているのじゃない、胸が苦しくてまっすぐ泣いている。

殴られたことを気にしているようなヤワは一人もいない。

正直なところ、「そんなこともありましたっけ」と笑って、つまり忘れている程度のことで、そんなしょうもないことを誰もいちいち覚えていない。
もちろん本気でグーパンチで殴るわけじゃなし、そういう暴力沙汰のことではなくてね……愛に愛で応えそこねたら一発シバかれるのは当たり前のことだ、ただしGAMEOVERの人間じゃなければな。

正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |