☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 「女も同罪よ」 | TOP | 「いい女」で行こう2 >>
「いい女」で行こう
と原点回帰する。
「いい女」で行こう、というコピィの言い方には力があって、実はこのフレーズは厳密に正しい。
安っぽい「あるがまま」なんかで行ってもヒサンなことになるので、あえて「いい女」で行こうという文脈だ。
「いい女」で行こうということ、そうして明るく途中でズッこけることにも値打ちが出てくる、まあそんなことをずっと以前から考えていた。

僕は賢い女が好きだ、病んだりこころに闇があったり未来がなかったりする女はその時点でどう考えても賢くはない。
女性だって、面白い男が好きだろう、面白くなければその男は魅力的でもなければ有能でもないに決まっている。
このところは時代的に、「まず人々はわたしがどれだけヒサンかを知ってわたしのことを受け入れるべき」というような、ビックリ仰天の文脈をデイリーで押し通してくる自然体の人も少々存在するようだ(おっかねえなあオイ……)。
だがどこまでいっても、僕の基本的な発想は変わらない、絶っっ対に変わりっこない、僕は賢くて明るくてやさしい女が好きだ、それで一緒に桜を見に行こうねとずっと言っているだけだ。

おれが絶対に正しくて、あなたが絶対に間違っているの。

そんな言い方をすると、とんでもない傲岸不遜か、そう思われたってかまわないがそうじゃなくて、そうまでしてでも僕は何かの役に立ちたいの、いいかげんわかれよ。
必要なことは「差別」なんだ、「いい女」という差別階級が存在するということ、その差別の前に立って「あっ、そうか!」と目が覚めないとあなたは向こう側に飛べないじゃないか、あなたの足元なんか誰も知らねえんだよハズレ女。
恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |