☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 現代の「母親」のナゾ | TOP | 能力が開かれる決定的要因 >>
アオイのこと
っと前、僕はアオイという女と寝た。
僕はアオイのことがきらいだったし、アオイも僕のことがきらいだった。
でもアオイは美人だったし、帰る手段がなくなって、僕とアオイは他にすることもなかった。
僕とアオイは、互いを侮辱しないために交合した、今思えばそれは、互いにきらいだったけれどキモチワルイということではなかったのだと思う。

アオイは協力的に振る舞ってくれて、自ら服を脱ぎ、僕は内心で「いいところあるんじゃん」と思ったりもした。
お互いきらいだけど、男と女だからね、とアオイの全身が語っていたように思う。
お互いきらいだったけれど、傷つけあわないために、一晩愛し合おうと決めた夜だった。
ずっと古い、昔の話のことだ。

僕はアオイのことがきらいだったが、すばらしい人だということに異存はない。

僕はアオイがきらいだったし、僕はアオイと一番仲が悪かったけれど、「アオイさんのことを侮辱する奴は許さない」、当時そんなことも考えていた。
僕はなんとしてもアオイの礼節にだけは応えたくて、その後もアオイに恋だけはしなかった。
恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |