☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 「道徳」を履行していても、人は何も満たされない | TOP | これからの、おすすめの趣味 >>
神聖な体つき
験、クリスチャンのように、胸元で手を組み合わせ、天を仰いでみよう。
きっと何も起こらないだろう(当たり前だ)。
だがその状態で、祈っている方向、つまり仰いでいる「天」の方向に、胸を持ち上げてみる。
すると驚いたことに、「心境」が変わる、「祈る」という心境が発生する、この現象はこころが「胴体」にあるからだ。

組み合わせてある手に力を入れるのはあまり意味がない、思いは強くなるが「こころ」はあまり変化してくれない。
それどころか肘が外に張り出して、祈りではなく「願望」のほうが強くなってしまう、祈るというのは願掛けをすることではない。
胸が「天」のほうへ持ちあがると、腰はやや後ろにせりだす、つまり胴体がS字に伸展する……まあ難しい話は抜きだ。
よくわからないという人は、「天」を漠然と見るのではなく、視線の方向を前方上方の「点」にして、「点」に向けて「まっすぐ」胸を吸い上げさせること、まあこれはお試し実験みたいなものなので、しゃかりきにやるようなことではない。

宗教はさておき、神聖な体つきは誰だって欲しい。

体つきが「疑う体勢」になっていると、胸が「落ちて」いるのだ、僕などは勝手に人のことを見て「胸が落ちすぎでしょ」と驚いていることがある、僕が正しいのかどうかは知らんけれども。
胴体をパワーで持ち上げるのじゃなく、「伸ばす」、すると胸と腰がS字に伸びてつながり……とにかく胸の高さで人間の「心境」は変わるのだ、これは知っている人は「当たり前でしょ」というようなことだったりする。
(※むろんこういった胴体のことは、「本当」にできるようになるには何年もかかります)
できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |