☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< この世でもっともつまらない仕事 | TOP | パーティ報告66(2) >>
パーティ報告66

だって真剣で熱意のある奴が好きだ。
真面目で深刻な奴のことは好きじゃない。
この違いは何なのか、といって、解明するとわりと身もふたもないところがある。
三月の下旬は本当にあったかくて、春なのでやけにお腹がすくな。

「プライベートヘコみ」と「ワークヘコみ」があって……
このことがまったく重要なのだ、プライベートヘコみをする奴はどうしたって「許されない」という憂き目に遭う。
なぜかといって、関心の向いている先が違うもの、関心が「自分」に向かっているので、ミスやチョンボや無能について「自分」がヘコむ、これは許されない。
プライベートヘコみをする人は、実はまるで真剣でなくて、目の前のワークの出来栄えなんかどうでもいいのだ、「自分の出来栄え」にしか関心がない、だから「ふざけんな」と攻撃を受ける。

「おれはダメな奴だ」という、その関心の方向が許されない。

これ、正当なアドバイスなのさ、気づいてね、「ダメなおれ」で困るのはおれ一人が困るのだけど、「ダメな仕事」だと困るのはみんなが困るわけよ、そのことに関心が向いていないと周囲は激怒を覚えるわけ。
全部バレているわけ、目の前のワークについて本心で「どうでもいい」と思っているその本音がバレている、だから許されないわけだ、みんなワークを成り立たせたくて真剣なのに、一人だけ自分を成り立たせたくて真剣というのじゃ、そりゃあシバかれて当然だよ。

そのほか | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |