☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 頭蓋骨野郎 | TOP | 「可能性」こそ「現実そのもの」ということ >>
ヒサンな待遇を受けている人が、自分の待遇改善にマックスフルパワーが止まらなくなるということ
ーパーマルチ言い訳マシンになるのをやめよう。
自分から誰かへ愛のアタックをかけていないのは明らかだ。
ホントーに「自分の待遇改善」のことしか考えなくなっているし、ホントーにそのことにしか努力する気なくなっているだろ?
おおっと、ここでスーパーマルチ言い訳システムの発動は禁止だ、だって「マジにそう」なんだからしょうがないじゃん、マジに自分の待遇にしかキョーミないんだから今さら言い訳なんかしなくていいじゃん。

自分の待遇改善にしかキョーミが持てないということは、つまり、えー……、まずそれだけヒサンな境遇にいるということなのだろう、誰も自分によくしてくれず、ヒサンな待遇の中にいる、と。
そういうことは、すごくよくわかる、なぜなら僕も、そういうヒサンな境遇でヒサンな待遇を受けている奴をたくさん見てきたからだ。
一方僕自身は、なぜかこれまでに、自分の境遇や、地位や待遇ということに、そもそもキョーミを持ったことがなかった、「待遇」という概念を忘れてしまっていたほどだ、なぜか一度も考えたことがない。
まあなんであれ、実際のところ、自分の待遇改善にだけマックスフルパワーが止まりませんという状態で、その無節操さについてはスーパーマルチ言い訳システムがバッチリはたらきますという状態では、それはたぶんあなたがかつて「こうなりたい」と思っていた自分の像とはまったく違うのだろう、少なくともおれのせいじゃねえ。

「自分の待遇改善にしかキョーミのない人」に、どういう待遇を与えるべきか。

もちろん、与える待遇は、下の下、つまり「ボッタクリの着色料でも食ってろ」ってあたりになるわなあ、僕はラブリーな女の子を膝に乗せてシーチキンごはんを食べていたいもの。
あなたは自他ともに認める「愛のアタックをかけまくりやがるすげえ人」では、ないのじゃないか、そのままハイクラス待遇を待ち続けるというのは、まるでマリアナ海溝の沈没船の中で市バスが来るのを待ち続けているような状態だと思うのだがどうか。
視点変えてこ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |