☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< まず単純なことから、まず噛みあっていかんとホホホイ | TOP | 明るく生きるための秘訣 >>
君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず

題は、 孔子の論語にあるものだが、この句はそのまんまでわかりやすい。(ところで論語って孔子が書いたんだっけ? よくわかっていない)
「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」、つまり、「和合できていないのにうわべだけ同調している奴は寒いしショボイし間違っている」と孔子は指摘している。
これを聞くと、いかにも「なるほど!」という感じがするが、ひるがえって「じゃあ"和する"ってどうやるのよ」と考えてみると、急転直下、「うふふ、わっかんなーい」ということに気づく、それで「まあ別にいいかな」と。
「和する」ってどうやるんだろうね、孔子さん教えてください。

「和する」ということは、つまり、できない。(なんて投げやりな文脈だ)
そもそも「和する」ということができないから、「同じる」ということやってるんじゃないか、んなこたわかりきっているだろ? 孔子さんそこのところ察してよね。
とにかく「和する」と「同じる」は違うらしい、まあそれぐらいは誰にでもわかる。
というわけで、偉い人いわく、「和する」ほうが偉いようなので、そう覚えておこう、「和する」ということが「オレはできるぜ!」とは一言も云っていないのでよろしく。

同じているけど和してないぜ、そりゃあな。

たとえば僕は男性で、女の子は女性だから、僕と女の子は「同じる」ことはできんな、僕はオカマでもないし断種もしていないからな。
でも女の子と、和したいので、どうしたらいいかと、悩むばかりなのだった。

正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |