☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< Hustle!! | TOP | 君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず >>
まず単純なことから、まず噛みあっていかんとホホホイ
フフ、おれは正しいことを知っているぜ。
噛みあわないけどな!!
噛みあわない正しさって何にどう使えるのよ……といつも困っている。
逆におれが間違っているのでは? と疑ってもみるのだが、そんな自己疑心を許される悠長な状態ではすでになく、突き進むしかなく、それで僕はもうプレステのVRでも買っちゃおうかなーと考えるほどテンヤワンヤなのであった。

誰か噛みあってくれんかな、と思うのだが、このごろどうもいけない、誰が悪いのかはまったくわからん、ボクが悪いのかもしれないしキミが悪いのかもしれないが、別にそのことはどっちゃでもいい。
僕は単純なことをしようとしているのだが、むつかしいことを訊かれるので、むつかしいことを答える、フフフばっちり答えてやるぜ!
しかし、むつかしいことをばっちりむつかしく答えると、訊いた側が呆然として行方不明になるという結果が得られるので、いつもこれでは意味がわからんと感じる、これを一般に「噛みあってなくて草不可避」という。
いつもむつかしいことを訊かれる気がするが、たいていわれわれは単純なこともできないものなので、むつかしいことは単純なことの後でいいのでは……と思うのだが、噛みあっていないのでアンサンブルは総崩れになるのであった。

単純なことは手ごわいので、人は単純なことからシュバババ逃げる。

たとえば「気の利いたジョーク」とか、「ゲラゲラ笑いながら敬語」とか、そういったことは単純かつとても手ごわいので、人はたとえばコンテンポラリーダンスで怖い顔をすることなどに逃避したがる。
「やりまっせ!!」とたとえば僕は言うので、誰か噛みあってくれんかな、そういう単純なことがな、ぐいぐい成り立てばいいのになと思うが、いつまでも僕が能天気すぎるのかもしれない。
できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |