☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 「わからない」ということにパニックにならないこと | TOP | 人は「当然」のことしかしてはならない >>
事情に力はない
それぞれに事情があるが、事情には何の力もない。
たとえば、蕎麦アレルギーの人は蕎麦を食べられないが、それを元にして何かエネルギーやideaが出る、ということはない。
蕎麦アレルギーであろうがなかろうが、エネルギーやideaが出るのはただ「何を食うか」のほうだ、事情のほうには何の力もない。
自己事情に詳しくて、熱烈な思いを持つ、自己事情オタクというような人もあるが、そういう人は何かというと、何の力もない自分が大好きなので、それはそれでしょうがないのだ。

誰でも学業があったり生業があったり、ワークやセックスや恋あいがあったりする。
が、思いがけず、学業と生業の「事情」、ワークとセックスと恋あいの「事情」という、自己事情のことしか頭にない人が少なからずある。
事情には力がないのだ、そんな力のないもの、および公益性もないものを、人前に放り出さないこと、そのことを一般的に「マナー」という。
単に恋人がほしい人と、「事情があって」恋人がほしい人は、まったく別だ、事情があって○○がほしいという人は基本的に不気味で恐怖でしかない。

事情を増やしたら未来が減る。

たとえばこの季節、就職活動中の人がいると思うが、事情から就職活動していたなら、実に未来がないという実感が自分自身にあるはずだ、そんなことをしていると人はたちまち荒廃する。
事情というのは、基本的に自分限りのことなので、自分が「まあいいか」と思えたら事情は雲散霧消する、この宇宙で「あなたの事情」を気にかけているのは、疑いなくあなた一人だけなのであった/あなたがしんどいというのはあなたの事情だ。
視点変えてこ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |