☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< この時はあのときの春なり | TOP | 届けば様子をうかがわない >>
血潮
間はいろいろ「認識」をする。
「認識」には「わかりやすい」という特徴がある。
だがあなたは「認識」だけでは出来ていない。
「認識」以前に、たとえば「血潮」というような現象もある。

話は、わかる奴だけにわかればいい。
だが話がわからない奴なんていない。
話がわからない奴なんていない、ただ迷うことに慣れてしまうだけだ。
迷うことに慣れてしまうと、決定が大事だと思い始めるが、そうじゃない、決定は「血潮」じゃない、「血潮」に迷いなんかない。

「血潮」が思い出になる。

なにがよいとか悪いとか、認識することはいかにも簡単で、わかりやすい、でもそれらの認識が思い出になることはない。
「血潮」がない人間なんていない、そしてわれわれは何を話すか、われわれは議論をするのではなく、「血潮」において話すのだ。
恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |