☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 茫漠エンキリ | TOP | 情熱はどこから湧いてくるか(ガマンと耽溺願望の構造) >>
「評価」することと、「衝撃を受ける」こと

「評価」は誰だってできるが、「衝撃を受ける」には体力が要る。
体力というと雑だが、つまり「衝撃を受ける」ためには、あるていど当人の「強さ」が要るのだ。
人間にとって、体験は大事だが、どんなすごい体験を得たとしても、当人に「強さ」がないと、それを受け止められない・引き受けられないということがでてくる。
「すごい体験をした」という場合、それは「すごい衝撃が自分の身体に残っている」ということでないと意味がないのだが、当人に「強さ」がない場合、衝撃そのものを身体に受け止めることができないのだ。

だから、強さのない人を集めると、その人たちはなんというか、「納得マニア」になる。
納得して、評価するのだ、「すごいと思います」という納得と評価を繰り広げる、しかし身体には何の衝撃も入らないようたくみに回避の体勢をとっているものだ。
それはそれでかまわないのだが、この回避体勢が習慣になっていると、以降はもう何の体験を得ても自分の足しにはならなくなってしまう。
「自分が進んでいかない、停滞している」という人は、たいていこれだ、体験や刺激が足りていないのではなく、体験を受け流す卑怯な体勢が習慣になってしまっているのだ。

「衝撃」を避けるため、「活発な努力」に身を逸らしている。

これはあるていど、やむをえないことでもある、何しろ「強さ」がまったくない状態で強すぎる「衝撃」をモロに受けると、心身がバラバラに打ち砕かれて、危険な状態に陥るからだ、なかなか度胸一発でなんとかなるというものでもない。
もともとは、たとえば「赤ずきんちゃん」の話のスリルに耐え、学校では先生に怒号で叱られることを経て……というふうに、「強さ」を養っていくものだが、現代はその仕組みがない、現代でやけに活発な努力へのモチベーションが声高に言われるのは、ほとんどこの衝撃への弱さを糊塗するためのものだ。

できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |