☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< ideaは「言語感覚からの構築物」 | TOP | あなたを復旧する方法 >>
さびしい時代に、逆の発想
どくさびしい時代が来ていると思う。
人はさびしいと焦ってしまうものだが……
人は焦ると、問題を解決する「熱心さ」をもって、状況に対抗しようとするものだ、熱心なほうが強いし有利だと思っているから。
だが、焦りから生じた、対抗のための「熱心さ」は、実は視野狭窄にしかならない、いつの間にか発想が制限されて、逆に追い詰められていってしまうものだ。

逆の発想、「さびしいなら、今日はもっとさびしくなってやれ」という発想が有効だ。
問題の解決が必要なところで、「じゃあ、問題の解決からさらに遠ざかってやる」という発想をする。
この発想を持つことはとてもむつかしいのだ/言うなれば、水に溺れているところの人間が、「よっしゃ、逆に深く潜ったろ」と考えるようなことだから、これはとてもむつかしいのだった。
しかし、溺れているところの人間が、ひたすら水面に上昇しようともがくのは、強くもなければ実は熱心ということでもないのだった、逆の発想はどうしても必要だ。

今日を貧しくしよう。

スマホいじりながら寝ちゃえ、ということじゃないよ、スマホいじりながら寝るのは楽しすぎるだろう、そうじゃなく、もっとさびしいことへスタスタ歩いていってしまうのだ。
一番大切なことから、逆に離れろ、そうしたらきっと思い出せる、「新しさ」/新しい一日だけがあなたを救ってくれるのだということを思い出せる。
視点変えてこ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |