☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< コツは他人を理解しないことだ | TOP | 哲学のまるでない銃弾 >>
夏の風と同じように

ずは自信を持つことだ。
おれたちは自信を持つ責任がある。
自信を持つということは、他人をアテにしないということだからだ。
だから自信を持つ同士は口論をしなくて済む。

周りを見てみろ、自信のない連中は口論と無視しかできない。
どちらも他人をアテにしているからだ、依存が負担を生み、負担が口論を生み、口論がやがて無視を生み出す。
自信のない連中は、生きていくのがキツいから、自信の持ち方ガイドブック、みたいなものを探している、その腐敗に気づかない。
自信のないままだと、人は話し合おうとしたり、わかりあおうとしたりするようだな、そして愛する誰かを一人も得ないまま時間だけが過ぎてしまう。

自信が吹いている、夏の風と同じように。

自信のない奴は、いつまでも母親に褒められたがっている、あるいは社会に、上司に、褒められることが目的になってこの世の中をさまよっている。
自信を持つということは、他人をアテにしないということだ、他人をアテにしない奴だけが、夏の風が吹いていることに気づくんだ。

正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |