☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 永遠のものと一時的なもの | TOP | 断片(他人でさえない) >>
Condemn to hell!!
江健三郎と、ウィリアムブレイクと、ジューダスプリースト(ロブ・ハルフォード)、インベリテリ(ロブ・ロック)、ユング、ダンテ、澤木興道、これらは一つでつながっている。
こんな話、僕しか興味を持たないと思うが、まあ聞き流せ、彼らはすべて「地獄の肯定」においてつながっている。
カミサマを直接見ようとする者は、教会に教わる天国だけでなく、地獄のことも知り、それを肯定しなくてはならない。
なぜなら、天国も地獄も、カミサマが創ったものだからだ、カミサマを直接見ようとする者は、カミサマの創ったものの両方に向かわねばならないのだ。

この顔ぶれに、さらに西田幾多郎と、岡本太郎を加えてもよいかもしれない。
一般的には、カミサマはイコール天国のものと思われているが、そうではない、天国は天使のものであって、カミサマは天国も地獄も両方創っているはずだ。
破壊神シヴァと、創造神ヴィシュヌは、上位の全的存在ブラフマンに統括されているが、これだって似たような構造だ。
カミサマを直接見たければ、「地獄をどうぞ」と言うしかない、平然と地獄へ出撃できる人間のことを、われわれは「強い」と直感する。

いかなるダンサーも、賛美歌とヘヴィメタルは踊れない。

大江健三郎と、ウィリアムブレイクと、ジューダスプリースト(ロブ・ハルフォード)、インベリテリ(ロブ・ロック)、ユング、ダンテ、澤木興道、西田幾多郎と、岡本太郎、彼ら全員が組んでひとつのアンサンブルを為したとしたら、それはもうすさまじい音が聞こえてきそうじゃないか。
天国には希望と平穏があるが、地獄には絶望と創造がある、これらはわれわれが作ったテーマパークではないので、われわれが好き嫌いを言ってよい対象ではない。
バカをやろうかあ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |