☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 第68回Quali's Party[5月20日(土)]無事盛会! | TOP | パーティ報告68(2) >>
パーティ報告68
"本性"を知ってガッカリした、ということがよくあるらしい(おれのことじゃないぞ)。
女性が男性の誰かに対して、その"本性"を知ってガッカリしてしまった、ということがよくあるそうだが……
とはいえそういうとき、「じゃあ自分の側の"本性"はどうなんだろうな」と訊かれてみると、そちらはそちらで「たいがいだ」ということがよくある。
僕はさしあたり、「"本性"で付き合うとかいうのは、思われているよりカンタンなことじゃねーよ」と、年長者ぶって言うしかないのであった。

セックスが原因で男と別れるということもよくある(よくあるそうだ)。
それについても僕は、「そーゆーのはむつかしい、セックスとかは思われているよりむつかしい」とでも話すしかない。
何もかも、つまり仕事も生活も、恋あいもセックスも、学問も技術も、あるいは料理や車の運転でさえ、すべては「思われているよりずっとむつかしい」だろう。
それらを、一応できている「ふう」にすることは誰でもできる、でも本当にそれを会得して営むのはとてもむつかしいことだ/いいじゃないか、むつかしいのだから難儀してあたりまえだ。

計画的に難儀しろ。

バーッと一気にいけるときは、一気にいけ、諸事情からじっくりいかねばならないときは、じっくりいくべきだ、それを無計画にするのはただのクラッシュにしかならず、勇敢な足取りとは言えない。
哀しい話の逆、「セックスで付き合ってしまい、本性を知って感動した」なんてストーリーがあれば一番いいな。
そのほか | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |