☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< セックス・トラブルの時代 | TOP | セックス・トラブルの時代3 >>
セックス・トラブルの時代2
くの女性が、「理不尽に」「強制的に」、そして「嗜虐的に」、「なぶられたい」と思っている。
そして、その妄想に向けて起こるheatが、正直なところ人生の「可能性」というか、ひとつの「夢」になっている。
そこにさらに、「不倫」とか「オフィスで」とか、逆に「純愛」とか「処女」「童貞」とかを貼り付けたがっている。
絶望させて申し訳ないが、そういう空想の中で描かれているエクスタシーというのは実際にはない、あなたがそのことを考えるとモンモンとするというだけで、実際にはそんなところにエクスタシーはないのだ、夢を壊すようでまったく申し訳ないけれど。

たとえばロリコン趣味の男や、レイプ願望のある女や男がいる。
が、実際に女子小学生の身体に触れたとして、それとの性交が本当に特殊な純潔や性感を与えてくれるかというと、残念ながらそんなことはない。
レイプということになったら、男女とも特別な叫声や挙動を発揮するかというと、残念ながらそれもない、本人が一時的に興奮するだけで実は何もたいしたことは起こらない。
つまり、まったく残念だが、秘密のエクスタシーが存在して、それがあなたの生を解決するということはまったく起こらないのだ、ゼロだと言っていい、あなたはたとえ最低のセックスにまみれきったとしても救済はされない、それぐらいあなたは行き詰まっているのだ、まったく申し訳ないが。

エクスタシーは、存在するが、凡才の空想する方向にはない。

残念なことだが、これは人々の健全さのため、ハッキリ言われるべきだ、凡才がエクスタシーの誇張によって自己の生を特別化できることは決してない。
あなたの必殺技である「取り乱す」が、エクスタシーに到達することは決してない、なぜなら「取り乱す」のは弱い人の特徴であって、強い人の到達するものではありえないからだ。
えっちはいいよな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |