☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 「そりゃこんな人、守るでしょ」と笑ってくれた | TOP | 「我慢」を絶対の禁止とする >>
僕の知力のなさについては
もかもが、うつくしくて楽しいのだと思っていた。
が、いつのまにか、そうでないものがニョッキリ出てくるようになり……
うつくしくないもの、楽しくないものについても考えさせられてきたけれども、たぶんそれらにはけっきょく何の意味もないのだ。
何の意味もないからこそ、それが主題になっている人はつらいのだ、と想像するが、その想像もけっきょくよくわからないのだった。

つまり僕がAさんを見るから悪いのであって、Aさんが僕を見ればこの問題は生じない。
が、Aさんにはすでに僕を見るなどという機能は残されておらず、AさんはAさん自身およびそれに類似する何かをしか見ることができなくなった。
僕は人のことを見ないようにしよう、そのほうがけっきょくAさんのためにもなるのだ。
僕は何にもわかっていない、あまり知識や概念を保有するだけの知力がないのだ、僕の知力のなさについてはどうかあきらめてくれ。

知力を振り絞ったが、何の意味もなかった。

僕は、誰がどういう人であるとか、誰がどういう問題を抱えているとか、その解決策はとか、そういうことを把握する知力がもともとないのだ、実はカレンダーの見方さえ本当にはわかっていないところがある。
気候とか、うつくしいものとか、そういうものに引き寄せられているだけで、そこでニョッキリ・ドバッと何かが出てきたとしても、それのことはよくわかっていないのだった、ただ夏の光に光っているものは眼下にわかる。
視点変えてこ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |