☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 時間は「素材」である | TOP | あなたは今、「何の時間」を生きているか >>
胸を打たれる人、打たれない人
い空と、青い海に、胸を打たれる人がいる。
が、一方で、実はそういったものに胸を「打たれない」という人もいる。
これらの差は、ささやかなようでいて決定的だ。
胸を打たれる人と、打たれない人とのあいだで、何かが通じ合いやりとりされるということはけっきょくない。

何か「わめく」人がいて、あるいは反転してむっつりと「押し黙る」人がいる。
どちらも騒々しくてかなわないが、僕には彼らが「胸を打たれていない」と見える。
胸を打たれていないと、さびしいので、何か強い主張を持ったり、何かをむさぼったりしているが、それにしたって誰も何も胸を打たれていないのは変わっていない。
胸を打たれる人がいて、胸を打たれない人もいる/人が事情により、胸を打たれない人に転向することはよくあっても、その逆、胸を打たれる人に転向するということはほぼない。

胸を打たれる人、打たれない人、互いにどうか尊重を。

胸を打たれない人は、打たれない人の事情がきっとあり、胸を打たれる人は、そのとき貴重なものがきっとあるのだ、そのときわれわれに何ができるかといえば、互いを「尊重」するしかできない。
どちらも、時計とカレンダーの上では同じ時間を過ごしていて、互いにそれを台無しにしないためには、互いにそれを尊重しあうことだ/僕には青い空と青い海を見に行く用事があって、そこにわめかない人・押し黙らない人を同道に得るのは僕にとって大切なことなのだ。
恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |