☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 「やらせろ」が成立する条件 | TOP | 押し寄せる「総合的インポテンツ」の波 >>
サーキットでの事故は遅い奴の責任
リバリやることに意味はない。
にもかかわらずバリバリやります。
それは単純に、意味を超えるということだから。
人間は誰しも、人間が意味を超えるところを見たいものです。

他人ができることを、自分ができると思わないこと。
自分には「できない」ことを知ることが、他人を尊重するということにつながる。
サーキットに次々と乗用車が乱入したら、サーキットは消え去り、すべて渋滞するただの道路になってしまう。
サーキットでの事故は一般道とは異なり、"遅い奴の責任"だというのに、それを知らないままサーキットに乱入してはいけない。

アクセルの理由がある。

一般道は「移動」に使うものだけれど、サーキットのゴールはスタート地点だ、どこにも移動しないので、サーキットには特別なアクセルの理由がある。
バリバリやるのは、それをすでに始めてしまったからであって、それ以上の意味はない、これが唯一の方法。
恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |