☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 大好きな赤の他人がいる世界 | TOP | 胴体、生命を、助けてくれた人 >>
豊かさへのセンスを発揮せよ

分にとって都合のいい世界と未来を考える。
そういったことはたいてい、よくない考えとして世間からは禁忌とされるが、そういった禁忌にこそ、ご存じのとおり最高の滋養成分がある。
意図的に、都合のいい世界を描き、そこを歩んできた人間の良さは、自分をまったく善人だと思わないところだ、善人度に興味を失っているところが清々しい。
自分にとって都合のいい世界と未来を考える、そこに必要なのは清潔感であり、好き放題の夢がありながら、そこに願望の貧しさがないことだ。

自分にとって都合のいい世界と未来を考える。
善人度に興味を失ったまともな奴は、「そうでなきゃ生きていけるか」と冷たいレモネードを飲んでいるだろう。
重要なことは、自分の描いた「都合のいい世界と未来」が、他人をゲンナリさせないことだ、他人をゲンナリさせるそれは都合のよさ以前に「貧しい世界」なので祝福されない、祝福されないからには微塵も実現されない。
自分にとって都合のいい世界と未来を考える、たとえば僕が「世界中の女をつまみぐいしたい」と言ったとき、他人をゲンナリさせるか、それとも「素敵ね」と言ってもらえるか/ゲンナリさせるようなら祝福はない、ゲンナリさせるなら善悪ではなく「貧しい」からだ。

自分にとって都合のいい世界と未来を考える、つまり、豊かさへのセンスを発揮する。

内心に願望が大爆発しているタイプの人間がおり、そういう人の打ち明け話を聞くとすさまじくゲンナリするが、それは願望まみれの人間が根本的に「貧しい」からだ、この世界に生きる豊かさがまるでわかっていないことを直観的に「貧しい」と感じる。
誰だって豊かさを共にしたいのであり、その中では正しき恋あいもかけがえのない豊かさになる、われわれは恋愛やセックスおよび人生への「願望」をこれ以上ない貧しさの感触で聞くように本能的に出来ている、「願望」が豊かさへのセンスと相反しているからだ。

恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |