☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 胴体、生命を、助けてくれた人 | TOP | 本当の恋と青春の手前で >>
かわいい下着を選んで買ってるよね?

るべきことはいくらでもあるのだが、たぶん今このときには、もっと別のことが先に言われねばなるまい。
おそらく、未来に明るいヴィジョンが見えないという人が多いので、何はともあれそこだ、「明るいヴィジョンが見えないのに正しいことにやる気なんかするか」というのが当たり前だ。
明るいヴィジョンは、明るいヴィジョンだ、必ずしもそうなるとか正しいとかいうことではないが、それは暗いヴィジョンだって同じだ、正しいとかそうなるとか決まったものではない。
明るいヴィジョンということに、特に理由はなく、別に価値があるわけでもないが、とにかく綺麗でさっぱりした女の子が僕にわけもなくやさしくしてくれるという、実際そういうことで生きてきたのだから、これからもそうして生きてゆければよいのだろうだった(文法がメチャクチャだ)。

リアルに考えると、世の中の状況に問題は大ありなので、そこから明るいヴィジョンを模索しない、リアルな考えはリアルな考えとしてまた別だ、明るいヴィジョンは勝手に明るいヴィジョンとしてこさえるものだ。
僕の場合、綺麗でさっぱりした女の子が、「この人にやさしくしちゃお」とニッコリ思えば、それだけで済むのであって、それ以上のことを膨らませてもややこしくなるし、なお実現が遠くなるだけで意味が無いのだ。
明るいヴィジョンはそれだけで力を持つ、そしてこの力、この灯火だけが、最終的に使えるのだ、その他の正論は実はほとんどのところで機能しない。
明るいヴィジョンを持つためには、当人が明るい必要があるが、この世にはもちろん暗い人など存在しないので、このことに課題や問題はないのであった(ああ何か、明るい女の肌が見えたな)。

明るいヴィジョンに材料なんかあるか。

ヴィジョンを描くのに「材料」だなんて、すでにその発想が暗い、わざわざエボラ出血熱のパンデミック地域に行って腕立て伏せをするぐらい暗い。
僕はすべての女性に対し、「かわいい下着を選んで買ってるよね?」ということだけを訊きたいのだ、そのこと「だけ」だ、それ以外のことをするから勝手に暗くなるんじゃないか。

恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |