☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 本当に「歌」を生成できる人 | TOP | 緊急、本当に「あかん」になる前に >>
バリバリやるのが安全だ

はバリバリやると決めているのだが、なぜそう決めているかというと、その背後には「そのほうが安全だから」というのもある。
なんというか、何もせずポカーンとしているのは、逆に危険だと思うのだ、それは「危険すぎる」という何かの直感がある。
バリバリやっていれば、根本的な能力も上がるし、何事にも対処が利くようになるし、なにより、「見えているべきものが見えている」という状態であれる。
ポカーンとしていると、見えるべきものが見えなくなってしまう、その一点において、バリバリやらないということは「危険」だと僕は感じる。

「何」をする、ということは、特に関係ないと思う、何でもかまわないからバリバリやることだ、バリバリやっている人間は能力として安全圏にあれる。
ただし、バリバリやるといって……とにかく人間は「安住する」という発想が一番危険なのだ、バリバリやっているふりをして実は「安住している」という状態が一番危険だと思う。
たとえば、この世で暴漢に襲われても最も安全な者は、戦地にいる兵隊さんだと思う、なぜなら常に「危険」に対処できる状態にあるので、暴漢ごときの危険に遅れをとることがないのだ。
そう、バリバリやっていないという状態は、すべてにおいて「遅れをとる」ことが約束されている状態なのだ、これが危ない、人間は戦えば勝てるものが、単に「動揺した」ということだけで一方的に負けてしまうことがある。

戦うのは一見しんどいが、「脅かされる」のはもっとしんどい。

その意味ではやはり、バリバリやっているのが一番安全だ、安全な上に自分が強化もされるのだから、安全度は増していくだろう、けっきょくこれが一番合理的だといつも思う。
伸び盛りにバリバリやっていた企業が、低迷期にポカーンとし始めたら、そりゃ潰れるだろう、もともと「バリバリやる」と決めていないなら、そこでどう会議をしても意味のないことだ、すべての会議は「バリバリやる」ことが前提でしか意味をなさない。

恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |