☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< バリバリやるのが安全だ | TOP | 続報、「緊急、本当に『あかん』になる前に」 >>
緊急、本当に「あかん」になる前に
日テレビ番組を観ていて、ふと偶然に、「あっこれは本当にあかん」という事象を目撃した。
特定の番組名をここでは出さないが、とにもかくにも、こうだ、「人と人とがどう付き合うか、本当にまったくわかってないんだ」というシーンを目撃してしまった。
このことはまた近いうちにきっちり話せたら、と思っているが、果たしてそんなタイミングがくるのかどうか……わからないがとにかくもう暗い話にするつもりは僕にはない。
あなただって誰だって、どうしても一度は直接体験しなくてはならないことがあるのだ、その体験はつまり「オマエ」感なのだが、このことは実際にやれる人がもうほとんど残っていない、かといってそういう活動をするのも僕の本分でもないし……ということで、僕は慌てているのだった。

何の工夫もなしに言うしかないが、僕の本サイトのほうに行けばメールアドレス等があるので、心当たりというか「何かやばい」と感じている人があったら、メールでもよこせ、目黒のほうに来てくれたら直接本当のことを見せてやる、そちらが複数でも集団でもかまわん。
若い人はまだ間に合う、とにかく間に合ううちに手を打つのが重要だ、この場合間に合うというのは、まだ「愛」の機能が残っているうちにということだ、それが死滅した人にさすがに僕も話をするつもりはない。
間に合わせるのだ、つまり「助けてほしい」と悲鳴じみた声が起こるようになってからでは、もう手遅れなのだ/笑顔ですこやかで暮らしていて、愛する人もいるけれど、「でもこのままでは本当にまずいの、きっと」と感じているとき、そのときに手を打たないと間に合わない。
ふだんは決してこんな言い方をしないけれど、今このときだけは例外として許してくれ、<<僕が知っている本当のことをあなたが知っている可能性は極めて低い>>、どうしてもあなたが直接体験せねばならないことがあって、それが一度でもあったかなかったかはものすごく重大なことなのだ。

僕があなたを「オマエ」といい、僕があなたのこめかみをつついたら、あなたはとんでもないことを知る、それは単純で決定的なことだ。

ふだんは決してこんな言い方をしないけれど、今このときだけは許せ、あなたはそこでとんでもないことを知って、それが何になるというわけではないけれど、その先の数十年を必ず変える、一度でもそれを体験したことがあるというのはそれだけ重大なことなのだ。
それは本来僕のような与太者がやることではなかったのだけれど、今はもうそんなことは言っていられない、間に合う人は今のうちだ、ダサいのは承知で本当のものを見においで、おっかなびっくりで笑いながら見に来てくれたらいい、おそらくこんなサービスタイムみたいなことをできる時間も、時代的にそんなに残されていない。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |