☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 気が合う、息が合う、馬が合う | TOP | 「敬(うやま)う」というレアな機能 >>
人付き合いで破綻する人

は人に好かれてはいない。
というのが、僕なりに、人付き合いの前提にある(ここで同情する奴も間違って頭がどうかしているので鼻から酸化したゴマ油を飲むこと)。
だから僕は、「ボクの思っていることを人に話す」ということをまったくしない。
僕の思いと、詩と歌を、キミの耳元で聴かせるよ、というようなたぐいは、きっと生涯しないだろう、そんなこと僕が誰かに爆愛されているというデタラメな前提でしか決行不可能なことだ。

人は、僕が好きなのではなく、単に「面白いこと」が好きだ、だから僕は面白いことばかりを話す。
うーん、別にそれだけでいいと思うし、どうも人付き合いが破綻する人は根本的に、自分の思いが他人にとってビッグ重要だというえげつない勘違いの中を生きているのではなかろうか。
自慢じゃないが、たとえば僕が誰かに、自筆したラブレターと「刑事コロンボ」のDVDセットを贈ったとする、すると彼女にとって重要なのは「刑事コロンボ」のDVDセットであって、僕からのラブレターは「はいはい」で済むものだ。
だから僕はその後も彼女に、「ラブレター読んでくれた?」とは訊かず、「刑事コロンボ面白いだろ?」とだけ熱心に訊くだろう、僕のラブレターに反応しない女はフツーだが、刑事コロンボに反応しない女は頭がどうかしていると思う、そんな女は大説教して教化してやらねばならない。

まさか、「自分の思い」はラブではないですよ。

そんなまさか、まるで自分をこの世界の宝物のようにだな……ありえんだろう、「おれの思いを聞かせてやったらあいつもそれが一番うれしいに決まっている」なんて、それではまるで僕がスーパーイケメン宝石王子だ、こういう人間の人付き合いはどこまでいっても生ゴミみたいに破綻してしまう(生ゴミは言いすぎ)。
何をどういじくったら、「自分の思い」が他人にとっての最重要テーマになると思い込めるんだ、「自分の思い」なんて語りだしたらpepper君でさえ猛烈な前蹴りを入れてくると思うぞ/この世界で一番怖い思い込みがこれだ、自分を超絶宝物だと思っているから、自分の御心の玉音こそがすべての臣民を平伏させると思っているわけで、うーんこれはおっかないなあ。

正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |