☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 大きな愛、そのサイズ差 | TOP | グレートハッピー、「結果」は過去に生じるもの >>
創作力
日は一日で二万字ばかりの章を書き上げたのだが、今になって読み返して、この部分は全部ボツにする、まあだいたい文章を書こうとする変人はこういうことばかりをしているものだ、人は二万字を書くことはできても二万字を「書き直す」ということがなかなかできない(そりゃもちろんおれだってイヤだ)。
こうしてそれなりの量の書き直しをすると、そのたびに教訓を見つけようとするが、教訓なんてものは存在しないに決まっている、いつだってそのとき限りに偶然・マグレで・うまくいくしかないのだ。
ありとあらゆる方法論は何の役にも立たず、足をひっぱるばっかりで、その中でも最も役に立たないのは「ダメもと」の精神だ、だいたいそういう、追い詰められた人が納得しやすいロジックというのは、追い詰められた人専用の香料がまぶされているものである。
じゃあどうやって取り組むかということになるのだが、それは「力ずくで取り組んだらいいだろゴルァ」なのであって、ここにきて急にデタラメになるが、けっきょく勝負なのである、勝負に勝ち方など存在しないのだった……

文章を書くとき、いつも「どうやって書いたらええねん」という不能感、および「なんか、もう前もってわかる、何かムリ」という消沈がある。
もちろん、くっだらない文学風味の何かを書くことはできるのだ、それは99%文学の文章に見えるだろう、けれども僕は自分でそれを詠んだとき、「うわ、要らねえ」と感じる、だからその「書ける能力」は何の役にも立たないのだ。
仮に、うまくいく場合にパターンがあるとすると、それは書き出しの時点から「うわなんだこりゃ」「こんなん成立せえへんやろ」という、むしろ「間違ってるだろ」という半笑いの感覚があるということになる、何かがまともに創られるときはたいていそうだ。
つまり、僕は間違わねばならず、間違っているものをどこか天のカミサマがしゃしゃり出て、勝手に別構造化してくれなくてはならないのだ、そういえばこれまでのすべてにおいて、書こうと狙っていたものがそのまま文面になったことはないな、だからもう誰が書いているのやら意味がわからん。

「創作力」ほどの完全なゴミはない。

まあどうせ、僕は何も悪くないので、他の誰かが悪いことにしておこう、非情な話、文章を書くときだけは誰ひとり友人なんてチャラいものがあってはならない、創作のときにあってはならないものは愛と友情と真実だ、除菌もできるジョイで顔を洗って出直せ。
もし僕に「センス」なんてものがあったら、僕は早いうちに自殺してカタコンベ行きだっただろう、まあなんと言えばいいのか、僕は一般に大切と思われているもののほとんどが苦手である、僕に唯一の自慢の能力があるとしたら、それは僕が躊躇なく無能になれることだ、有能などということは苦手だ。
恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |