☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< ポン介 | TOP | 社会不安と血の騒ぎ >>
ずっとあった日の断片

ッと花の咲いたような……
女はやさしさがいいね。
どうかそっぽを向いたりしないで、それはあなたを疲れさせる。
どうかどこまでも、この初秋の涼風が吹き抜けていますように、あなたにこの世界を教え続けますように。

何らの情念も揺り起こさない、すべてのよろこびをあなたが得ますように。
わたしが好きなあなた以上に、よりうつくしい本来のあなたが生まれ出ますように。
空は果てしなく高く、東西南北はいずれも吉相、世界に一人立って、その髪に秋の光が輪になっている。
遠い昔のことでありながら、それは今も永遠に繰り返されている、無限の日々、ずっとあった日の断片。

チチ、チチ、流れている、囚われないでいつか聴いて。

秋は不思議に紅葉の色に、西日は不思議に古代黄金の逆光となって、春にはまたパステルの桃桜に若葉の黄緑、夏にはまたスカイとseaとオーシャンのブルー、入道雲そびえたち/毎夕ごとに秋がくるのか、冬はひたすら磨かれた夜空ばかりを。
あのときはいつ、あのときはいつ、すでにわたしは視覚も聴覚もつぶれ/元からずっとあったものを聴いている、「これはいったい何」とは分かちがたく、分かちがたさより取り込まれて断片の永遠に吸い込まれつづける。

仲良くなろうぜ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |