☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 悪と利益と快楽と | TOP | 「なんとかして生きていくでしょ」 >>
特権階級はサイコーにワガママ

うなると、調子が出てくるわけだが……
僕は、最大に馬鹿げたことをしていたいのだ。
最大に馬鹿げたことをやっていられるのが、真の特権階級だと思うから。
ひとつの言葉を追いかけたりね、そういうのがいちばん馬鹿げていて、真の特権階級だと思う。

つまり、真の特権階級とは、「意味がなくていい」ということなのだ。
強いて言うならそれは、「意味が自作できるから」ということで、これはまさに特権階級だと思う。
たとえばリッチな家でリッチな暮らしをして、人生を充実させるというようなことは、誰にでもわかる「意味」があるので、これはしょせん意味の奴隷でしかない、ヨソに決められた意味を履行させられるハメになるのだ。
サイコーのきらめきに、サイコーの意味を自作するだけだが、ヨソで「意味」を大量に仕入れてらっしゃる方には、僕の自作する意味なんか入る余地はないな、ああなんてもったいないことだ。

「サイコーにワガママ」か、「サイコーにつまんない」か、二者択一なのだが、あなたはどうする。

あなたが自前で仕入れてきた無数の「意味」と、僕が自作する「意味」は、必ず衝突するので、調整の取りようがない、調整を取るとサイコーにつまんないことにしかならないので、そこは諦めてもらうしかない。
僕がサイコーにワガママにすることを、あなたがキライなのだとしたら、あなたは僕のことがキライなのだと思うが/あるいはその調子だと、「この世のすべての人がキライ」ということに行き着くな、「誰もいない世界こそサイコー」になるだろう、まあそれはそれでわからんでもないが、素直に言えばもったいないことだ。

バカをやろうかあ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |