☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 第72回Quali's Party[9月16日(土)]無事正解! | TOP | パーティ報告72(2) >>
パーティ報告72
んというか、まじめに生きましょう。
まじめに生きるといって、それは、とことんふざけて生き抜いてやるという気概が必要なわけだが……
投げやりに生きるのはよくない、なぜかといって、「地獄」は割とフツーにあるからだ、投げやりに生きられるつもりでも、そうは問屋が卸さないように出来ているのだ、おっかねえなあ。
一度きりの人生なんだから(この人生は一回しかねーじゃん)、本当に正しいと思えるように生きること、すくなくともそういう「部分」が必要になるのだ、妥当さの中を生きているだけではやがてとんでもない窮状にぶつかったりしてしまうぜと、こういう脅かし方はあまり好きじゃないのだが、実際そうなのだからしょうがないのだった。

「求めること、求め続けて生きることで、手に入れることじゃない、求めるってことは欲しているということとは違うから」と僕は言った。
すると揃って、「かっこいい」と言われた、「へ?」と僕が答えたのは別に芝居ではなく、本当に意外だったからだ、「これってかっこいいのか、ふーん」と僕は大急ぎでこころのメモを取った(草)。
「求めるってのは、異常なことだよ、でも『異常』でなかったら、その人は自分の『常』から離脱できないじゃないか」と、このあたりは誰でも理解できることで、しかし誰でも実行できることではない。
「人は求めるというとき、他のことが耳に入らなくなる、それでおれなんか、正直これまで他人の話なんか一度もまともに聞いたことがないんだ」(この言い方はどうせ発狂志向のアホに誤解されるが、その誤解はもうしょうがないのだ)。

バスケットプレイヤーは、運動をしているのじゃない、点を取っているんだ。

点を求めるということ、それは0点の状況から2点を取るということで、いわば0点の現状を否定するということ、この「現状を否定して未来を求める」ということが、案外だれでもできそうで出来ない。
0点からシュートを決めたら2点で、100点からシュートを決めたら102点だ、そこに「現在の点数」なんて関係があるか? 他のことが耳に入らなくなるというのはその状態だ。
そのほか | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |