☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< わたしの愛するブルー | TOP | わがままはいけない >>
ヒサンになるために求めている
ルーになったら調子が出てきたな。
やはり僕はストレスあっての僕だ、高みの見物は僕を老化しかさせない。
僕が誰かを助けることでは何も解決しない、誰かが僕を助けることでしか解決しない。
アドバイスなんて世界一ヒマな奴がやるもんだよ、人に好かれるそういうたぐいはけっきょく僕が取り扱うところではない。

クソほど研究して、クソほど機能して、クソほど発達して、クソほど飲もう。
あとになって思い返し、「なんてクソな時間なんだ」と高笑いできるとき、僕は最も何かを手づかみにしていると感じる。
それはけっきょく僕の趣味の問題であって、僕などはおおよそ多数の人に蔑視されているのが適切なんだな、ともう何万回も繰り返して思っている。
僕には「やりたいこと」がひとつもなく、しかし「やらなくてはならないこと」が僕を虐げにやってくる、そのとき僕は宇宙一憐れな奴になれるので、そのことが性に合うのだ。

ヒサンでなければ僕ではない。

ああこれでいいな、僕はラクになるために求めているのではなく、ヒサンになるために求めている、そりゃ求めれば求めるほどヒサンになるのは理の必然だ、さあもっとヒサンにいこう。
計算不能というか、計算の意欲を失って、努力ゼロと全身全霊が合一するところまで、僕は虐げられることでしか僕自身に到達できない、そりゃ誰だってそうか。
バカをやろうかあ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |