☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< (話せない) | TOP | いい方に流されないこと >>
「おびえ」についてフニャフニャな話(すまん)

「おびえ」を軽減する方法がある、軽減というか、償却してゆけるという話。
「おびえ」を償却していくと、すごく楽になるというか、救われる心地がするのだ、心地というかまあ本当に「救われる」のだろうけれども。
そしてなぜか、その償却の「方法」については、「さあ?」と僕は知らぬふりを決め込まなくてはならなくなる、こりゃひどい話だと僕も思うのだが、どうしてもこうなる(理由は不明)。
なんというか、方法は明らかにあって、バリエーションもいくらでもあり、しかもどれも超カンタンなのに、なぜか「まあ、あんたの性格じゃ無理だとは思うけど」みたいな否定的なことを言わなきゃならんのだ、これ、別にイヤミが言いたくて言っているわけじゃなく、なぜか構造的にそうなるのだ、勘違いして僕を性悪とか思わないように。

不思議だ、何がダメなんだろう、これってどういう構造なんだ? ただ残念な話、「まあ、あんたの性格じゃ無理だとは思うけど」という言い方は、かなり多くの場合にテキメンに当てはまっている、ズバリ的を射ている(ぐぬぬ……)。
自慢じゃないが、僕にとっては「言いづらい話」なんてほとんどなく、いつもここで好き放題にぶちまけているのだから、この話はそういうことじゃない、何かの構造によってこの話を解き明かして話すのは完全な「禁忌」にされてしまっている。
しかも、その「方法」を話したって、まるで予言していたかのように、性格その他で「無理」だということが前もって明らかなのだ、これは何なのかね、いわゆる奥義か密教か、「門外不出」の何かなのか/「門外不出」ってこんな物理的に生じるもんなの?
とにかく、ありていに言ってしまえば、多くの人は無自覚の「おびえ」で、メチャメチャしんどいことになっているから、それを償却する方法を実践していったらテキメンに楽になっていくよということなのだ、そしてその「方法」は絶対に話されないという、なんじゃそれの極みなのだった。

たぶん、神事だからお話しできない。

いや、実際のこととしては、何も神事に見えないのだが、内容的には神事が含まれているということなのだろう、そりゃ「おびえ」を償却するのだから神事ではあるわけか、そして神事って人に話しちゃダメってよく通説にも言うよね(投げやり)。
神事とかいって、神棚にパンパン手を打ったりするわけじゃないよ、まあそういうことも善いことではあるだろうけれど、そういう正統な神事は僕にはわからん、まあヨリシロといいますか、面白いことが見つかってきているのは確かだ(しかしそれを話さないという書き手にあるまじき蛮行、すまん)。

バカをやろうかあ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |