☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 「のめりこむ」という現象 | TOP | カルマダンス >>
カルマ!
さかふだんの生活の中で、「カルマ!」みたいなことを考えているアホはおらんと思うが……
しかし、ここまでくると、もうごまかしは利かんな、見えるようになったらもう、割とスケスケのミエミエだ、人はいつも「カルマ」の前後で行ったり来たりしている、ぶっちゃけて言うと、僕はもうそれが見えてしまっているのだ(あーあ)。
僕がエラソーに言うようなことではないが、その行ったり来たりを見ると、いつも「無駄に勘のいいやつめ」と思う、なぜなーんも見えていないくせに、カルマ的なものにだけ「反応」はしやがるんだ、アホなのか鋭敏なのかはっきりしてくれ、いつも困惑するわ。
カルマがどうこうとかいう、いかがわしい発想とか知識とかは持たない方がいいと思うが、ただある種の次元で「素直」であればいい、「素直に従う」ということがあなたをグッドにし、「意固地に流されていく」ということがあなたをバッドにしていくだろう。

わけのわからんことがあるものだ、「なぜこのことには平気でカネを出すんだ?」とか、「なぜこのことだけ異様なテンションで話すんだ?」とか。
それを、一般には「性格だ」とか「価値観だ」とか、あるいは心理学的には「抑圧だ」「防衛機制だ」「コンプレックスだ」とかいうが、それらのすべては、なぜその人がそういう性格と価値観と特別な抑圧を宿すに至ったか、ということまでは解明しておらず、そこから以降は投げやりなのだ。
「わけのわからんこと」があるもので、それはよくよく見れば(ふつうはよくよく見ねえよ)、実は見たまんまカルマ的なものがはたらいているのだ/まあこの「カルマ」的なもののはたらきが見えるような奴は、相当な変人であって、ふつうはどう工夫しても見えっこないのでヘンな興味は持たないことだ、見えてしまえば何でもないが、ふつうの感覚からするとそれは「めちゃめちゃ深いところ」に当たる。
ある種の次元で「素直」であることだ、刹那の直観、頭を下げるべき人に見えたら頭を下げる、尽くすべき人に見えたら我が身を尽くす、従うべき人に見えたら初めっから従う、ここで「でもさあ」と踏ん張るとカルマが増大してしまう、踏ん張った上にカルマパワーアップっていったい誰がトクするんだよ、もっと利益的にいこうや。

従うということが、勝ったということ。

うーん、ほんとね、よくよく見ると(ふつうはよくよく見ない、見えるかよこんなもん)、ありとあらゆる「かけがえのないこと」は、カルマ償却の反応に「素直に従った」ということから成り立っている/ふつうは見えるわけがないとっても深いところでだ。
だから、「かけがえのないこと」のすべては、表面上は「なんでこんなことになったんだ」と見える、それは人に話せないぐらい「ちょっとまともでない」ところがあり、しかし誰から見ても「正直うらやましい」ところがある、馬鹿げているのになぜかいかがわしくなく、かけがえのない光があるのだ。
 
バカをやろうかあ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |