☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 平等性ユートピアの中で「おびえ」はパンデミックした | TOP | レディーファーストで女性を地獄に落とすケースがある2 >>
レディーファーストで女性を地獄に落とすケースがある
は偉そうにするのが苦手だった。
しかしそのことが、むしろ人にマイナスを与えてしまったことを認めねばならない。
たとえば僕は、ほとんど常時レディーファーストを欠かさずにきたが、これまでの「結果」だけを見ると、僕がレディーファーストを貫いた女性を、僕は助けてやることができなかった。
事実だけ見ると確実にそうなっている、これはまずい、解決のための良いideaを創出せねばならない。

極端な言い方をすると、僕はレディーファーストで女性を地獄に落としてしまうことになる/さすがに地獄というのは誇張だが、わかりやすくいうとそれだ。
ヘンな言い方をするのを許してくれ、これはありったけの事実なのだ、結果的に、僕がサービスを尽くした女性は落下してしまい、僕にサービスを尽くした女性だけが生き残ってしまっている、本当に結果的にそうなのだから認めないわけにいかない。
僕はこれまで、「自分みたいなモンが」「おれみたいなモンが」という文脈を、大前提にして生きてきて、まともな女性のすべてを「おー、女神さま」と扱ってきたのだが、これがもうまずいようなのだ、これは逆に僕が女性を崖の端に追い詰めていることになる。
しょうもないフェミニズムに足を取られて、僕は余計なマイナスをしてしまったかもしれない、僕は女性の鋭敏な胴体が、本人も知らない次元で苦しんでのたうつのを見、あるいは本人も知らない次元で救われるという不思議なところを何度も見てきたのに。

この先、「僕自身の使い方」に、僕なりの最善を尽くすことに、なにとぞご了承を願いたい。

僕は、しょうもない安物の、下っ端の、アホなことばっかり得意にする、ちょこまか気を利かせて動き回るが、けっきょくは笑われ役になるという、古巣のところに帰りたくはあるのだ、でもそれは僕を落ち着かせたとしても、現況では女性を逆にわけのわからないところに突き落としてしまう/これまでの「結果」を真摯に引き受けないわけにはもういかない。
僕の好みとは離れて、僕は「僕自身」をどう使うかについて、学門的にベストを尽くさねばならないのだ、僕のことはクソ呼ばわりしてくれてもいいから、学門を甘くみないでくれ、ちゃんと結果で度肝を抜いてやるから。
視点変えてこ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |