☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 「かわいいは正義」の発想によって、かわいい女の子が不幸になってしまう | TOP | イケイケマウントおじさんの陰陽考察 >>
「女の身体」の使い方
このことを必要としていない人は、こんな話聞かなくていい。
若い女性は、普通にセックスしていると思うし、セックスはいろんな意味で大切か、もしくはいろんな意味で「厄介」だと思う。
多くの場合、セックスにおいて、女性は「女の身体」の使い方を間違っている、男が「うおおお」で女が「ああああ」には何の意味もないのだ。
正しくは、男の身体と女の身体があって、その接触にインスピレーションの探りあいがあるのだ、しかもその場合のインスピレーションというのは、ふつうの感覚ではまず知覚できないとてつもない深さのものだ。

なぜそんな身体をしているのか考えることだ――なぜバストがそう膨らんでいて、ヴァギナというへこみがあるのか/「授乳のためと繁殖のため」じゃない、それはあなたを単純哺乳類に限定した場合であって現実的じゃない。
なぜそんな身体をしているのか考えること――考えたってわからないんだけどね、でもだからこそ、「この身体はどう使うために、こう作られてあるんだ?」と探してゆく、その先が見つかってきたら、「あっ」、その先に得られる「まとも」なセックスは、これまでに知らされていた情報とはまったく違う感触のものになるはずだ。
このインスピレーションの探索は、当の女性が美人で、セクシーなほど、得られなくなる、なぜなら男の側がすぐ「うおおお」になってしまうからだ、性欲を噴射して終わりになってしまい、その後は正直どうでもいい性癖の開拓にばかり執拗な興味が向くようになる。
女性の胴体は鋭敏だから、インスピレーションに合致しない欲求運動としてのセックスを重ねると、わけのわからない深さの、暗い気持ちになってしまうものだ、それを癒したくてまた欲求運動としてのセックスをしてしまうのだけれど、それでは悪循環だ、どうかそうではない手がかりの人と出会いますように。

正しいセックスは、何か「不思議さ」に包まれていく。

あなたの身体の各部位を、男の身体のどこに重ねればいいのか? 正しくそれが見つかっていくと……なぜこんなことするのか「不思議」なのだが、不思議なままなぜか「救済」の感覚があるのだ、「このことをたくさん積み重ねたい」という確信がある、なぜそうするのかわからないが、性感や感情よりはるかに深く重要な感覚がある。
美人でセクシーな人ほど、どうかマジで賢い男性に出会いますように、性的な魅力の高い人ほど、より賢い男性との出会いがないと、男女の肌を重ねる「不思議」には到達できなくなる――重ね重ね、「うおおお」「ああああ」では身体の使い方が間違っている――正しく使えば本当は「神韻」があるのだ/「神韻」に触れて以降、あなたの身体は本当にうつくしくなる、女性の身体の単なる性的な魅力の高さを「うつくしい」と言っているのは誤りだ、そのことは女性のあなたのほうがよく知っていよう、本当は女性の身体はもともと「きれい」ではない。
えっちはいいよな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |