☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< イケイケマウントおじさんの陰陽考察 | TOP | 「女の身体」の使い方2 >>
「本物ギライ」という類型

る人が、「天才数学者のドラマ」が好きだったとする。
でもその人は、「本当の天才数学者の話」は好きではなかったりする。
ドラマを見ている分には、「天才数学者、かっこいい〜」と見えるのだが、マジの天才数学者の話をされると、「それはちょっと……」と及び腰になる。
学門でも文化でも芸術でもそうだが、「本物」について拒絶反応を持つタイプが少なからずある、これは「本物ギライ」と呼んでいい類型だ、本物ギライの人は本物を見ると「おびえ」が起こるので及び腰になる。

本物の声、本物の姿、本物の動き、本物の叡智、本物の「世界」……
そういったものを目の前で体験すると、人は案外きれいに、それを「なかったことにする」という黙殺の仕方をする。
ホントにこれは、キレーにそうなる、<<本物は無かったことにされる>>、まるでそういう訓練を受けてきたかのように全員でビタッとそうなる。
別にそれは悪いことではないし、いいのだが、もしあなたが望む場合は、自ら「本物への行き先」を消去することはやめることだ/「本物」は必ずあなたをおびえさせ、<<無かったことにしたい>>という衝動を引き起こす、それは現在のあなたを破壊してしまうものであり、本物のあなたを引きずりだそうとするものでもある。

真の価値があるものは、あなたの価値観を破壊してしまう。

まあそりゃそうだわな、そして、価値観を破壊されるというのは、ただごとではなくなってしまうのだ、そのへんはタイミングを見てうまいこと按配していこう、あまり無理をすると本当に「発狂」のリスクもわずかながらある/逃げるべきではないだろうが、それ以上に焦るべきでもない。
<<本物は無かったことにされる>>、これ、ギャグみたいに、本当にキレーにそうなるぜ、そんなことがやがて正しいわけがないよなあ。

できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |