☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 学門がわたしを掴んで離さない | TOP | テキトー風水をいくつか >>
勘も理屈も、叡智にゃ勝てねぇ

このブログ、明らかにヤバイ人のアレみたいな感じになっているのはよくわかる、我ながら憮然とし、半笑いになるところだ……まあしかし、今のところしょうがない、たぶんご時世がもう、愉快なideaが通用する状況ではなくなっているのだ。
実際、どうでしょう? このヤバイ内容に見えるブログ、誰もそんなにアテにして読んでいるわけじゃないし、よもや信仰心から読んでいるというようなタワケはいないと思うが、それでいて、読みながらどうかね、読み終わったあと、この現在の内容のほうがまだ光が差すんじゃないかね。
そこなのだ、これ、内容的にはいかにも「えぇ……」と見えるはずなのだが、実際に読んで得られるのは、やはり一種の落ち着きと「光」なのだ、こんなんそのまんまシューキョーですやんと言われたら厳しいところだが、そうじゃない、僕は愛と学門を分離せずに話しているだけだ。
実際ね、いよいよこんなヤベー話をしだして、みんながドン引きしてくれりゃおれとしてもまだ話はわかるのだが、誰も彼もドン引きとはならず、むしろ生き返ったがごとく「その話が本当は聴きたかった」という眼差しでな……それを見るたびいつも、「なんでお前らは基本アホなのに、そういうところの直観だけ冴えてんだよ」と困り果てているのだ、ホントなんとかならんのかこの状況。

なんでみんな、おれがまともな話をしているときは「ボンヤ〜リ」なのに、ヤベー話をしているときだけ、急に「眼差しくっきり」になるのよ、お前ら頭はアレなのに勘だけはいいな! こりゃおめえ、ゆくゆくはマントラでも唱えさせる気かよ、おれは断じてシューキョー的なことはせんぞ、ヨガ的なこともやんねーぞ。
おれがナイスな人生論とアドバイスをセクシー込みで語っているときにはほとんど馬耳東風ってな感じなのに、「カルマ……」とか言い出すと急に前のめりに聴いてきやがるのはなぜだあ、しかも正直言ってその食いつきどころだけ実に「正しい」のはなぜだあ、お前らの能力ってバランス悪すぎるだろ。
なんと言いましょうか、霊的な勘とでも言いましょうか、そういうのだけはどいつもこいつも鋭いなあ、正直その勘についてだけは僕が最下位だ、おれはそういう勘はないんだよ、おれはひたすら知性と理知で「愛」と「世界」を追ってきただけだ、だから僕以外の奴が急に「正解」にだけ鼻が利くのは毎回見るたびにギョッとさせられる。
人間そりゃ、誰だって「やるべきこと」があるんだって、そりゃわかるよな(勘がいいからな笑)、あとは理屈はカンタンだ、その「やるべきこと」が、現代の価値観とかモチベーションとかプライドとか文化とかと、思いっきりズレズレなのさ、それで「虫」にばかり引きずられて、何かよーわからん「おびえ」と言われると「たしかに!」っていう状況になるわけだよ。

お前らは賢いが、中に棲んでいる「虫」がアホだ。

そのバランスの悪さがだなあ……そんなもん、おれにはどーしよーもないぜ、おれの話がわかるくせに実際には「虫」の言いなりになるパターンをやめろ、何より当人が疲れ果てるだろ、虫にエサやってスクスク育ててもあなたのトクにはならんじゃないか。
僕自身はきっと、最下位クラスで「勘」は悪かったのだが、そのぶん、理詰めで学門を進めてきたわな、僕は霊感とやらを使っているわけではまったくない/僕が「理詰め」と言うのは、「ボクちゃんの理屈では、"叡智"には勝てないっす」という意味だ、僕がときおり理屈を無視しているように見えるのは、理屈より叡智を重視しているからにすぎない、そこんところをおめえら漠然とした「勘」でなんとかしようとするのやめろや、叡智に「反応」しとらんで、同じやるならさっさと「獲得」に向かおう、時間はいくらあっても足りねーんだから。

できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |